思い立ったら吉日!2023年合格目指せ!初学者対象講座のご案内

小難しい法律科目に対して、勉強が辛くなった時の対処法【社労士試験一発合格のための学習戦略】

名称や用語に対する心理的なハードル

社会保険労務士は、合格率が6~7%の難関国家資格です。難易度の高い資格ではありますが、戦略的・効率的な学習を行うことで合格を勝ち取ることが可能です。
「今まで法律の勉強などしてこなかったけれど、社労士を目指せますか?」といった質問をたまにいただきます。その答えは「YES」です。なぜならば社労士受験では、労働や保険、年金などに関する法律の科目を勉強します。20代~50代の現役で働いている方はもちろん、ほとんどの人にとって普段の生活に馴染み深い内容となっているからです。
逆に「大学の時に法学部で学んでいたのですが、社労士試験で生かせますか?」、「経理部で給与計算をした経験があるのですが、社労士試験で生かせますか?」といったご質問もあります。もちろん、その答えも「YES」です。なぜならば社労士の科目は、馴染み深い内容となってはいるものの、法律の名称や用語は難解、無機質であったりするため、学習の初期段階では苦労する人も少なくないからです。そのため、現職で法律の内容に関わるお仕事をされている方はもちろん、学生時代に法律に慣れ親しんでいる方は、学習初期に感じがちな心理的なハードルなく、スムーズに学習を進めていただけるでしょう。

ハードルを感じたときの対処法

もしそのような経験がなく、初期段階で勉強をするのが苦しいと感じたときにおすすめの対処法があります。それは「まずは理解や記憶をしようと力まず、テキストを前に読み進めて全体像を把握する」ことです。社労士試験の学習科目は8科目あり、科目を跨って使用される同じような言葉も多いため混乱を招きがちです。科目ごとの学習段階では全体像は見えにくいため、初心者の方はまずは学習を前に進めて全体像を把握していただき、その後復習や2周目、3周目の学習で理解や記憶を深めていただくと良いのです。合格者も、最初は何もわからず悩みます。「みんな、そういうものなのだ」と割り切って、足を止めないよう心がけてください。

クレアールの学習戦略

クレアールではこのような合格戦略に基づき、科目ごとの基本知識を学んだ後、本格的な演習問題に入る前に「横断整理」と呼ばれるカリキュラムで科目を跨った学習を行います。北村講師のわかりやすい講義が受講生から大変好評となっています。

合格者の声

社労士試験の学習範囲は大変広いため、どんどん先へ進めていくことが大切だと感じました。合計で7割取れれば良いわけですし、科目によって得点のばらつきがあっても多少は許容されるので、全科目を得意科目にする必要もないと思います。理解が不完全なところを完全に理解することに時間を費やすよりも、ある程度割り切って取り組む学習法のほうが私には合っていました。

2021年合格 佐藤 択哉さん

中でも横断整理と答練はとても役に立ちました。社労士で学習する法律はそれぞれが独立しているのではなく、共通する部分が多いです。ただ同じようで微妙に異なる、という箇所も多く一度学習しただけでは混乱します。それを横断整理で共通点・異なる点を明確にすることで理解度が一段階上がりました。横断整理テキストは直前期にも活用し間違えやすいポイントの押さえなおしにも役立ちました。

2019年合格 河野 仁さん

講師陣の力量と過不足のない教材・カリキュラム構成に尽きると思います。社会保険労務士は法律の試験なので正直つまらないと感じる部分もあり、また、制度が難解な年金分野などは独学では太刀打ちできないと感じました。北村講師、斎藤講師のテンポのよい語り口調で、ときにジョークを交えて和ませながら講義が進行していきます。テキストと講義を併せることで理解が進みました。

2021年合格 林 友彦さん

クレアールの教材はレベルが高いです。テキスト中心の学習で素人が半年で合格できたのは教材がいかに優秀かということの証明だと思います。

2021年合格 M.Iさん

上記のような学習戦略を、無料オンラインセミナーで解説しています。

「初心者・初心に戻る方を応援」セミナー参加・視聴で「1920円offクーポン」

講座パンフレットや特別セミナーDVDなどを無料でお届けします。
講座についてのご相談を受け付けております。お気軽にお問合せください。
講座のお申し込み案内ページです。講座をお申し込みの方はこちらからどうぞ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次