サイトをリニューアルいたしました

公認会計士試験ガイド

目次

公認会計士試験の流れ

広がる公認会計士のフィールド

公認会計士は、会計・監査業務を通して企業の公正な社会的信用を支える業務を行います。財務諸表などに企業の経営状況などが適正に表示されているかの監査業務や、企業の内部統制手続などが正しく運用されているかを第三者的立場において監査することにより、企業にとって最も大切な「社会的信用」を支えていきます。 従来は会計士の業務は、上記の業務を「監査法人」に所属し、行っていくことが中心でした。近年の会社法の改正などにより、「企業内会計士」として、IR担当業務や財務・経理部門等で活躍のステージが広がっています。 また、コンサルティング業務やM&A業務などのより専門性の求められる業務や企業活動のグローバル化に伴い、海外での活躍が求められる場面も増えています。 さらに大学教授を目指して学問探求の道を選ばれる方も多数います。

■過去7年間の出願者数、合格者数、合格率の推移

■2020年度試験実施

日本三大難関資格と言われた時代に終わりを告げ受験しやすく、努力が報われやすい試験に!

現在も監査業務の厳格化やIPO(新規上場株式)の増加、上場企業への国際会計基準(IFRS)の適用が引き続き拡大していく等、 公認会計士の業務案件が増え続けています。 今後は特に社会福祉法人・医療法人に対する 公認会計士又は監査法人による法定監査が導入されていく等、 さらなる業務案件の拡大により、 会計のスペシャリスト(公認会計士)の養成が必須と言えます。

公認会計士試験は、平成18年度の試験制度大改正により、従来の1次試験から3次試験までの制度から、短答式試験・論文式試験へと一本化され、受験資格等も廃止となり、受験し易い試験となりました。特に社会人の受験者増加を目指し、週末に試験を実施するなどの改正が行われています。また、平成22年試験からは、短答式試験が年2回(12月・5月)の実施となり、現在においても、ますますチャンスが広がっています。

講座パンフレットや特別セミナーDVDなどを無料でお届けします。
講座についてのご相談を受け付けております。お気軽にお問合せください。
講座のお申し込み案内ページです。講座をお申し込みの方はこちらからどうぞ。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる