サイトをリニューアルいたしました

初学者対象コース

目次

公認会計士試験の学習をスタートされる方へ

初学者対象コース

これから公認会計士の資格勉強を始めようと思っている方に向けたコースになります。

初学者対象科目免除コース

税理士試験や司法試験の合格者、経理実務経験者や会計専門職大学院の課程を修了した方など、一部科目が免除対象となる方に向けたコースになります。

科目免除になる方

  • 税理士資格を取得している方(短答式:財務会計論免除、論文式:租税法)
  • 税理士試験で簿財に合格されている方(短答式:財務会計論免除)
  • 司法試験に合格されている方(短答式試験免除)(論文式:企業法及び民法)
  • 不動産会計士の資格を取得されている方(論文式:経済学または民法免除)
  • 会計専門職大学院を修了している方(財務会計論・管理会計論・監査論)
  • 経理実務経験者の方(短答式:財務会計論)

公認会計士試験の現状考察

公認会計士試験は、平成18年度の試験制度改正により、従来の1次試験から3次試験までの制度から、短答式試験(4科目、年2回実施)論文式試験(5科目、年1回実施)へと一本化され、受験資格等も廃止となり、受験し易い試験となりました。特に社会人の受験者増加を目指し、週末に試験を実施するなどの改正が行われています。
また、短答式試験は、一度合格するとその後2年間は有効となり、論文式試験については科目ごとに免除がある「科目合格制」が取り入れられており、合格した科目については後二年免除が受けられるようになっています。現在においても、ますますチャンスが広がっている資格試験のひとつです。

公認会計士について

公認会計士は、会計・監査業務を通して企業の公正な社会的信用を支える業務を行います。財務諸表などに企業の経営状況などが適正に表示されているかの「監査」と呼ばれる独占業務をはじめ、企業の内部統制手続などが正しく運用されているかを第三者的立場において監査することにより、企業にとって最も大切な「社会的信用」を支えていきます。従来の会計士の業務は、上記の業務を「監査法人」に所属し行っていくことが中心でした。近年の会社法の改正などにより、「企業内会計士」として、IR担当業務や財務・経理部門等で活躍のステージが広がっています。

 また、コンサルティング業務やM&A業務などのより専門性の求められる業務や企業活動のグローバル化に伴い、海外での活躍が求められる場面も増えています。

クレアールで試験学習をするメリット

学習を広げすぎないことが合格への近道

クレアール税理士講座では、本試験の合格に必要な得点範囲を、短期間で確実に習得できる「非常識合格法」を提唱しております。学習範囲を厳選し、合格のために必要十分な論点だけを科目ごとに徹底習得することで、問題演習に辿り着くまでの時間を短縮できます。

クレアール独自の映像専用学習システム

非常識合格法での学習効果を最大限に高める「Vラーニングシステム」で、時間に縛られることなくご自身のペースでじっくり学習に取り組むことができます。コンパクトな映像講義で、スキマ時間も有効活用することが可能です。

Webに特化したこだわりの配信スタイル

クレアールの映像講義はWindowsだけでなく、Mac、スマートフォン、タブレットを使用できる「マルチデバイス対応」となっています。いつでも何処でも何度でも講義の視聴が可能です。倍速再生もできるため、視聴時間も大幅に短縮でき、時間効率を意識した学習が可能です

クレアールのコースについて

クレアールの初学者向けコースでは、科目免除がある方とない方に向けそれぞれのコースをご用意しています。

講座パンフレットや特別セミナーDVDなどを無料でお届けします。
講座についてのご相談を受け付けております。お気軽にお問合せください。
講座のお申し込み案内ページです。講座をお申し込みの方はこちらからどうぞ。
目次
閉じる