Read Article

合格体験記2016速報版 ichiさん(横手市役所合格)

ichiさん 最終合格先:横手市役所(事務)

■公務員を志望した理由
前職を通じて、地域活性化に関するNPO法人の方と知り合ったのがきっかけだったと思います。
さまざまなまちづくりの実情を伺ううちに、自分も地元のまちづくりに関わることで、貢献したいと思いました。
また、前職では地元から離れた場所で勤務しており、転勤願いを出していたものの、叶わなかったのも公務員を目指す決心がついたきっかけだと思います。

■クレアールを選んだ理由
インターネットで様々な公務員講座を見ていましたが、他社と比べて利用料金が良心的だったのが一番です。
あとは、サポート体制の充実具合と、利用開始時に電話相談に応じてくださった方の対応が良く、不明点をわかりやすく説明していただけたのがクレアールを選んだ理由です。

■クレアールのよかったところ
はじめての公務員試験勉強でしたが、数学が苦手な私にとって、初歩的なところから講義が始まったのが良かったと思います。一度、数学の基礎をおさらいすることで数的推理や数的処理の導入が、スムーズだったように思います。また、講義の時間も平均しても一時間そこそこなので、途中でだれることなくメリハリのある学習ができたと感じています。論文の添削も、どこを直せばよいか具体的に記載があったので、非常に参考になりました。

■学習するうえで苦労したことと、その克服法
今まで学校教育において見たような問題とはまた違った、見慣れない問題形式が多々あることに慣れるのに苦労をしました。しかし、過去問フォーカスで、どのような形式の出題かを確認することができた事で、克服に至ったと思います。
私は本講義を受ける前に、まずは自力で過去問に挑戦し、本講義で深く理解する流れで学習を行っていました。

■面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
面接対策はクレアールの面接対策講義を拝見して、実際どのようにして進行するのかを確認しました。
ハローワークで行う面接マナー講座を受講したり、就職支援センターへ頻繁に行き、模擬面接を何度も繰り返したりしました。集団面接の対策に困りましたが、端的に自分の意見が述べられるようにノートに話すことを書き込んで、話している内容を携帯電話で録音して時間を計り不必要なフレーズを削る作業をしていました。

■最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
私が受験した自治体がたまたまそうなのかもしれませんが、今は筆記での成績如何よりも、人柄重視で採用検討する自治体が多いように感じました。また、その自治体に興味関心をもち、自分の足で情報を得る事が、面接や試験に挑むにあたっての大きな自信になったと考えております。あとは、今まで行った勉強や面接対策を信じて挑むことが一番重要だと思います。

行政系公務員試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

 2018年1月11日
Return Top