Read Article

行政系公務員を目指す!

行政系公務員とは

公務員試験の中で、文系学生がもっとも多く受験する一般的な職種が「事務(一般行政)」です。「行政系公務員」は仕事の中でも特に事務処理を担当します。国家公務員の場合は、特定の府省庁で業務に従事し、地方公務員の場合は、ジョブ・ローテーションにより3年~5年程度で異動し、様々な部署で業務に従事します。筆記試験は「教養」と「専門」の択一試験で実施されるケースが多いですが、教養だけで専門は課されないケースもあります。さらに、論文試験(小論文)、面接試験が行われることが一般的です。

※自治体によって「行政」「事務」「一般行政」「行政事務」等、表記が異なることがあります。

行政系公務員 開講コースラインナップ

 

2018年合格目標
2019年合格目標

 

職種別試験別ガイダンス動画(行政系公務員編)

職種別試験別ガイダンス(行政系公務員編)
担当:上村 信秋 講師

1.行政系公務員とは

2.試験概要

3.併願プラン

主な受験先と試験内容

教養と専門の学習を行うことで、次のような試験の併願が可能になります(試験によって出題科目は異なります)。試験種をクリックすると詳しい内容が表示されます。

  1. 東京都Ⅰ類 →(東京都Ⅰ類Bの受験をお考えの方におすすめのコースはこちら
  2. 特別区Ⅰ類 →(特別区Ⅰ類の受験をお考えの方におすすめのコースはこちら
  3. 地方上級(道府県庁・政令市) →(地方上級の受験をお考えの方におすすめのコースはこちら
  4. 国家一般職(大卒程度) →(国家一般職の受験をお考えの方におすすめのコースはこちら
  5. 国税専門官 →(国税専門官の受験をお考えの方におすすめのコースはこちら
  6. 財務専門官 →(財務専門官の受験をお考えの方におすすめのコースはこちら
  7. 裁判所一般職 →(裁判所一般職の受験をお考えの方におすすめのコースはこちら
  8. その他市役所 →(教養のみの市役所受験をお考えの方におすすめのコースはこちら

 

※なお、教養試験のみで受験できる市役所試験や国立大学法人試験も併願が可能です。

 

試験スケジュール 〔参照:2017年度試験日程〕

試験・自治体名一次試験日申込期間(インターネット)
国家総合職4/30(日)3/31(金)~4/10(月)
東京都Ⅰ類B5/7(日)4/4(火)~4/10(月)
特別区Ⅰ類5/7(日)4/4(火)~4/10(月)
国立大学法人7/2(日)5/10(水)~5/24(水)
裁判所職員(一般職・総合職)5/14(日)4/3(月)~4/11(火)
国税専門官6/11(日)3/31(金)~4/12(水)
財務専門官6/11(日)3/31(金)~4/12(水)
国家一般職(大卒程度)6/18(日)4/7(金)~4/19(水)
地方上級6/25(日)自治体による
市役所(A日程)6/25(日)自治体による
市役所(B日程)7/23(日)自治体による
市役所(C日程)9/17(日)自治体による

 

クレアール講座の特徴

テーマ制講義
1回1テーマだから最後まで集中できる!
過去問解説
あなたの疑問をすぐに解決!強力な学習サポートアイテム
面接試験対策
面接対策に強いクレアールだから、通信でも万全です。
合格コンセプト
膨大な試験範囲を効率的に攻略する戦略を紹介
サポートシステム
一人ひとりのつまづきを解消、最後まで安心して続けられます。
講師紹介
わかりやすさが好評!実力派講師陣が勢揃い!

 

Return Top