Read Article

非常識合格法

非常識合格法

合格に必要な範囲だけを学習!

無駄を徹底的に省いたピンポイントの学習を行います。

クレアールの宅建講座は、合格必要得点範囲に絞った学習が真骨頂。つまり満点ではなく、合格点のクリアを目指す学習法なのです。ポイントは、受験生みんなが解ける問題は確実に得点できる能力を育成すること。みんなが解けないような問題は勇気を持って見送り、無駄を徹底的に省いたピンポイントの学習を行います。むやみに広範囲に勉強させたり、出題可能性の低い部分を指導することはありません。クレアールは合格に必要な範囲を絞り込んで効果的に学習し、一発合格を可能にします。

合格必要得点範囲

 

「宅建業法」から学習する!

意欲が高い学習初期に、得点源をマスターします。

グラフ「出題傾向」

短期合格するための近道は、出題傾向を分析し、効率的に学習を行うことが大切です。宅建試験の出題科目は、「宅建業法」「権利関係」「法令上の制限」「税金・その他」と4つの分野に分かれていますが、右記グラフのとおり、出題数に大きくバラつきありますので、科目別に学習のウエイトを変える必要があります。
クレアールでは試験傾向や出題数を考慮して、出題数の一番多い「宅建業法」からカリキュラムが始まります。この科目は、いわゆる"知識"を問われる科目です。条文そのものもそれほど多くなく、学習範囲も限られているため、正確な知識を身につけていけば高得点が望めます。また、学習意欲の高いスタート時にこの科目から入ることで、モチベーション維持の観点からも大きなメリットがあります。

「宅建業法」からスタート

Return Top