S.Aさん [最終合格先:大阪市職員事務行政22-25]

S.Aさん [最終合格先:大阪市職員事務行政22-25]

目次

公務員を志望した理由

私が公務員を目指した時期は新入社員として8ヶ月働き、心身ともに疲れきっていた時です。理由としては小売業で働いていたため休みが不定期であり、家庭を持つにあたって不都合しかないと感じたためです。学生のときは自分のやりたいことをベースに就職活動していましたが、将来を考えた結果、安定して且つやりがいのある公務員に魅力を感じ志望しました。

クレアールを選んだ理由

クレアールを選んだ理由は大きく2つあります。まず1つ目は充実したサポートの数々です。クレアールの授業は動画をベースにしており、教科書や解答を読んでもわからないところを丁寧に解説しています。理解するのに時間がかかる数的推理も動画を見ればすぐに理解でき、大変効率良く勉強することができました。そして、2つ目は担任制度です。各一人ひとりに担任が付き動画ではわからない箇所や、履歴書の添削など様々なサポートがあった点です。

クレアールのよかったところ

クレアールの良かったところは数多くありあげるときりがありません。その中でひとつあげるとするならば私の担当についてくださったのが島本昌和先生だったことです。島本先生は私の質問や疑問に対して迅速且つ的確に答えてくださいました。更に面接の際には履歴書の添削、それに対して来るであろう面接官の質問事項などを想定してくださいました。そのおかげで合格出来たと言っても過言ではありません。

学習するうえで苦労したことと、その克服法

学習する上で苦労したことはやはり時間の確保です。私は働きながら公務員を目指していたため、どうしても時間を確保するのが難しかったです。そこで隙間時間を活用することにしました。具体的にはボイスレコーダーの使用です。社会科学などの暗記系の科目に対して、過去問で解けなかった問題をボイスレコーダーに吹き込んで通勤時間に聞いていました。更にご飯を食べるときや部屋を片付けるときなどにも聞くことで少しでも学習時間を確保するように努めました。

面接試験対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと

面接対策で心がけたことは人に添削してもらうということです。面接においてもっとも重要なのは自分自身を相手に伝えることであると思います。自己満足な面接にならないように心がけました。クレアールでは担任制度があったため、事あるごとに島本先生に添削してもらい伝える力をつけました。また、島本先生はその添削にプラスして面接官が聞いてくるであろう質問も記載してくださったので面接を大変だと感じたことはありませんでした。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。

公務員試験の勉強は大変だと思います。筆記試験に受かっても面接で落ちて落ち込むこともあると思います。でも、そこでとまらないでください。クレアールには担任制度というすばらしい制度があります。担任の先生は味方です。家族や友達にもいえない不安や葛藤を親身になって聞いてくれます。改善案を一緒に考えてくれます。だから悩んだり立ち止まりそうになったら迷わず担任の先生に相談したください。

講座パンフレットなどを無料でお届けします。
講座についてのご相談を受け付けております。お気軽にお問合せください。
講座のお申し込み案内ページです。講座をお申し込みの方はこちらからどうぞ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる