M.Aさん [最終合格先:愛知県庁(行政I)]

M.Aさん [最終合格先:愛知県庁(行政I)]

目次

公務員を志望した理由

最初は親の勧めでしたが、民間企業と並行して就職活動をするうちに、地域に貢献したいという自分の思いを一番実現できるのが、利益にとらわれない公務員の業務ではないかと思いました。また、もともと文化行政に興味があったため、行政職のなかでも公募で希望を実現できる可能性がある点に惹かれました。

クレアールを選んだ理由

自宅で学習したかったため通信教材を考えていました。勉強の開始時期が遅かったため、合格に最低限の教材と講義のものを選ぼうと思い、速習のパックが自分に合っていると思いました。また、Macの機種に対応している点も判断基準の一つでした。電話で問い合わせをさせて頂いたときも丁寧に対応していただけてよかったです。

クレアールのよかったところ

自分のペースで進められる点です。特に動画の視聴や問題集の取り組みなど、進度や達成度を管理されることもなく、自分の計画で進められました。また、担当の先生に疑問点などをメールや電話で相談できるので、計画の立て方や取り組む科目など、自分では最終的に判断できない点でアドバイスがいただけてよかったです。

学習するうえで苦労したことと、その克服法

いままで大学の授業を含めて、法律や経済など専門科目は全く取り組んだことがなかったため、学習量が多くて大変でした。もともと短期記憶が得意だったので、直前期に最低限の分量を覚えることを頑張りました。また、文字よりも音声で聞くほうが覚えられると思ったので、わかりにくい部分は複数回授業を再生して学習しました。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと

民間企業の就職活動が先行していたので、実際に面接や面談を経験して慣れることができたかと思いました。どのような質問が予想されるのかはガイドブックなどを参考にしました。実際の面接は1日に午前と午後に2回あるということを知らず、少し驚いたので、面接のやり方もインターネットなどで調べるべきだったと思います。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。

公務員と民間の就職活動では、学科試験の負担が圧倒的に異なります。民間企業ではほとんどが複数回の面接で選考が進み、理由がわからないまま予想外の状況で落選することもあります。それに対して公務員試験は学科試験は特に努力が報われる可能が高く、その分シビアでもあると思います。周りの就活生が民間企業に就職が決まっていくなかでも、努力を続けることができた人だけが公務員になることができると感じたので、モチベーションを保ちながら、自分のペースで頑張ってください。

講座パンフレットなどを無料でお届けします。
講座についてのご相談を受け付けております。お気軽にお問合せください。
講座のお申し込み案内ページです。講座をお申し込みの方はこちらからどうぞ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる