K.Hさん [最終合格先:国家一般職(秋田地方検察庁)]

K.Hさん [最終合格先:国家一般職(秋田地方検察庁)]

目次

公務員を志望した理由

私はもともと司法系の仕事に就きたかったため、裁判所一般職に合格した先輩に相談したところ、入った後に書記官を目指すことができる裁判所一般職をお勧めされました。調べていくうちに、他の公務員の仕事にも魅力を感じたため、併願先も公務員にしようと思い公務員を志望しました。

クレアールを選んだ理由

私は金銭的に余裕がなかったため、インターネットで公務員試験対策の講座を探していました。そこで、クレアールはリーズナブルな価格のうえに口コミ評価も良く、テキストも充実しているように感じたため選ばせていただきました。受講してみたところ、満足度や成績の伸びがとても大きかったです。

クレアールのよかったところ

クレアールは録画の映像講義でしたが、講師陣の方々がとても親しみやすいキャラクターで、自宅で1人で受けていても寂しくなかったです。また、もう一度確認したい時や試験前になんども見直すことができたり、メモしたい時映像を止めたりできる点が良かったです。講義内容に関しては、個人的には行政法と数的推理がとても分かりやすかったです。

学習するうえで苦労したことと、その克服法

学習する上で苦労したことは時間配分です。私は数的推理と経済学が苦手だったため、理解に時間がかかりました。その分、得意としていた憲法など法律科目の勉強時間を落としてしまい、模試や本番で点数に伸び悩んでしまいました。毎月、本番までの道のりと自分に足りていない力を考える時間を設け、勉強時間の配分に関しては丁寧に計画すべきだと思います。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと

面接対策では、話す以前に「自分を知る、今までを振り返る」ことに最も時間を割きました。面接時間はどの試験種も15?30分ほどですが、自分をアピールするにはやや時間がありませんし、面接は一度きりです。そう思うと一度の面接にとてもプレッシャーがかかりました。エントリーシートを書く際に、エントリーシートの中からもう勝負は始まっていると考えました。そのためにも、日頃から自分について考える時間の少しずつでもいいので作るといいと思います。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。

終わってみると、公務員試験はとても大変でした。特に、一次試験と面接試験が並行しているときはとても精神的にきついと思いますが、そんな時こそ栄養をとって体を休める時間を大切にしてください。そして当たり前ですが、面接試験では人と話す力がとても大切です。普段からなるべく人と会話したり、私は息抜きにしていたアルバイトで接客の技術を学び、人と話すことが得意になり、自信を持って面接に臨むことができました。これから公務員を目指すみなさんも、オンオフの切り替えをしっかりして、長い長い公務員試験に打ち勝てるように頑張ってください!

講座パンフレットなどを無料でお届けします。
講座についてのご相談を受け付けております。お気軽にお問合せください。
講座のお申し込み案内ページです。講座をお申し込みの方はこちらからどうぞ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次