K.Uさん [最終合格先:館山市(建築技術)]

K.Uさん [最終合格先:館山市(建築技術)]

目次

公務員を志望した理由

現在の仕事以上に「人のため」にできる仕事が行政で、自分自身が更に成長できる場所だと考えたことが志望の動機です。

クレアールを選んだ理由

妻が過去にお世話になり、妻の勧めで選びました。

クレアールのよかったところ

教養科目の問題傾向がわかりやすかったです。講師の先生(上村先生)も親身になって相談に乗って頂けたことです。

学習していて辛かったこと

仕事が忙しく勉強する時間を多く取れなかったこと。

学習するうえで、工夫をしたこと

少ない時間の中で得意科目に集中したこと。スマホを利用し、電車の中で講義映像を視聴すること。時々、図書館にPCを持込み視聴していました。

通信教育での学習の時間の使い方

通信教育ですので、いつでもどこでも学習ができることが良かったです。仕事が忙しく帰りの遅い私でも電車移動や就寝前などの少しの時間でも視聴するようにしていました。面接対策では要所で教室に行き、上村先生にアドバイスをして頂きました。また、メールも活用しながら先生に相談していました。

面接試験についてのアドバイス

模擬面接等のために教室に行けなければメールも活用し、先生に相談すること。メールを活用し、自分なりに一問一答を用意し、それを先生に添削してもらう。また、事前に受験する役所の下見に行き、職員の勤務の様子を目に焼き付けること。私は研究(勤務の様子確認)のためには行けませんでしたが、仕事柄、役所にはよく行き、雰囲気だけは掴むようにしていました。

これから学習を始められる方へ

公務員試験では面接が最も重要と言われていますが、その前の筆記試験に合格しなければ面接試験に臨めません。勉強不足もあり悔しいことですが、私は面接試験を一度しか受験できませんでした。その一度の面接対策は自治体について徹底的に調べ上げました。その自治体の住民になったつもりで何が問題かを追求しました。この年なので、新たなことを学習しようとすると頭に入っていかないものだと思っていましたが、公務員(自治体)という、これまでにない分野ということもあり、自治体のことがスポンジのように吸収ができました。私ができなかった、教養試験対策から万全に進め、時間を見つけて面接対策を並行することをお勧めします。教養試験対策は得意科目を徹底して伸ばし、苦手科目を補うぐらいの勉強が必要だと自分自身の反省点として思っております。反面教師的なことしか言えないので、大きな口では言えませんが、私ができなかったこと以上のことをやれば必ず合格できると思います。皆さん、頑張って下さい。

講座パンフレットなどを無料でお届けします。
講座についてのご相談を受け付けております。お気軽にお問合せください。
講座のお申し込み案内ページです。講座をお申し込みの方はこちらからどうぞ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次