Vラーニングシステム①テーマ制講義

Vラーニングシステムの中心となるのが「テーマ制講義」で、徹底した過去問分析により厳選されたテーマについて基礎からわかりやすく学ぶことができます。映像通信専用に収録された講義だから、生講義を収録しただけの一般的なWeb通信講座とは異なったメリットを持っています。

目次

テーマ制講義 Point.1

通信専用の映像講義で、効率的に学べる!

1回3時間の一般的なWeb通信よりも学習が続けやすい

クレアールの「テーマ制講義」は映像通信で受講していただく事を前提に収録されています。そのため、映像ならではの特性を活かして効率性の高い学習を実現することができます。例えば、一般的な予備校では教室で行われる講義を収録し、それをWeb講座として配信することが多いのですが、1回の講義時間は2時間半から3時間と長時間にわたるため、忙しい通信生の方にとって、1回の講義を受講するだけのまとまった時間が確保できなかったり、最後まで集中力を持続させることが難しいといった問題点があります。クレアールの講義時間は、1回の講義が30分前後でセクションごとに区切られているので、講義を受講する時間が確保しやすく、集中力も持続しやすくなっています。

こんなやり方も、クレアールの講義なら実現可能です。

テーマ制講義のしくみ

クレアールのWeb通信講座は、PC、スマホ、タブレットのいずれでも、インターネットが接続されていれば時間や場所を問わず学習することができます。学習システムをよりわかりやすくイメージしていただけるよう、実際の学習画面をご紹介いたします。

公務員試験 合格者VOICE

S.Oさん

ネットによる教材配信や倍速再生など、あまり時間をとれない環境でも自分の都合のよい時間に効率よく受講できるシステムが構築されていることが最大のメリットでした。また、音声データや講義資料などはあらかじめダウンロードしておけばスマートフォンなどのモバイル端末でも活用でき、通勤時間も活用して学習できました。

S.Mさん

一つ一つの講義が短時間かつ分かりやすかったため、勉強に飽きやすい私でも積極的に受講することができました。そのおかげで、教養科目・専門科目のほとんどの科目を半年間で学習することができました。

K.Tさん

私の場合はアルバイトをしながらの受験生活だったので、授業時間が1回あたり90分程度と手軽なうえに、倍速再生が可能だったので空いた時間に自分のペースで授業を受講できたことが私にとって大変メリットでした。また、アルバイトの休憩時間等のちょっとした空き時間にWebテストで知識の確認ができたことも大変有意義でした。

テーマ制講義 Point.2

「マルチパス学習ルート」方式で、理解度・レベルに応じた学習ができる!

初学者・学部出身者・受験経験者…、一人ひとりに合わせて学習のカスタマイズができます。

公務員試験は、教養科目では文系科目と理系科目が混在し、さらに専門試験では幅広いジャンルから出題される試験です。このような場合、当然、受験生によって得意分野・不得意分野が分かれたり、大学の専攻によって学習経験の有無も異なります。そこで、クレアールの「マルチパス学習ルート」方式をとることで、効果的・効率的な学習を実現することができるのです。

【基本的な学習の流れ】

「フォローアップ基礎講座」で苦手科目を克服!

数的処理や経済原論など、多くの方が苦手とされる科目については、 弱点の補強ができるよう「フォローアップ基礎講座」を全コースに付属しています。

数学の基礎 (全10回)

「数的処理」の土台となる中学レベルの数学を、もう一度おさらいすることができます。

経済学で使う数学 (全1回)

「経済原論」で必要となる高校レベルの数学を、学びなおすことができます。

経済用語の基礎 (全3回)

「経済学」で使われる用語をわかりやすく解説することで、理解度アップを図ります。

マルチパス学習ルートを活用した モデルプラン

学習の進捗度や得意科目・苦手科目は人それぞれ。ここでは、受験生一人ひとりに合わせて カスタマイズした「マルチパス学習ルート」の活用例をご紹介します。

「数的処理」の学習の場合

「経済原論」の学習の場合

講座パンフレットなどを無料でお届けします。
講座についてのご相談を受け付けております。お気軽にお問合せください。
講座のお申し込み案内ページです。講座をお申し込みの方はこちらからどうぞ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次