Vラーニングシステム②過去問フォーカスWeb解説講義

過去問題集+解説動画で、1問ごとに24時間いつでも何度でも問題の解き方を学べる!

講義よりも過去問の「解き方」こそ、疑問が最も生じやすい!

講義では順を追って説明を聞くことができるため、どのように問題を解いているかを理解することができますが、過去問題集の解説は文章や図形で説明されているため、解法のプロセスが理解しづらく、講義より多くの「疑問」が生じやすいと言われています。この疑問解消がスムーズにいかない場合、せっかく過去問を解いても実戦力が身に着かなかったり、途中挫折を招いてしまうことになります。

クレアールなら、質問をしなくても疑問が解消できるから安心!

クレアールでは、オリジナル過去問題集「過去問フォーカス」に収録された問題の解説動画をあらかじめ収録し、Webで配信しています。問題の解き方を24時間いつでも動画で聴くことができ、効率的に疑問の解消ができます。何度でも聞くことができるので、忘れてしまっても気軽に聴き直しも可能で、導入後、質問の件数が激減するという驚きの効果が得られています。

【対応科目】
ミクロ経済学・マクロ経済学(約300問)、 数的処理(約240問)、 自然科学(約155問) の解説動画をすべて無料配信。いつでも何回でもご覧いただけます。

●「過去問フォーカス解説講義」は、大卒程度各コースに含まれています。
●対応科目は、お申し込みされたコースによって異なります。事前にご確認ください。

目次

Less-Q(レスキュー)

質問(Question)を少なく(Less)する、クレアールのコンセプト

クレアールのLess-Qには、「質問(Question) を少なく(Less)する」というコンセプトがあります。質問に答えるのは予備校として当たり前ですが、「質問しなくても疑問が解決できる」ことこそ、一歩先のサポートと考えます。このLess-Qは、多くの受験生に共通して起こりやすい疑問を、あらかじめ解消するために映像を中心としたコンテンツでいつでも解消できるようにいたします。 24時間、あなたの疑問を解消し、悩み多き受験生活からの救出(レスキュー)を行います。もちろん、解説講義を聴いてもわからないことがあればお気軽にご質問ください!

「過去問フォーカスWeb解説講義」活用の流れ

公務員試験 合格者VOICE

R.Fさん

一通り講義を受講し終わった後に過去問フォーカスを繰り返し解きましたが、解説講義のおかげで、解説を見ても理解できずに学習が止まってしまうようなことがありませんでした。Webテストは電車に乗っている時などに丁度よく、移動の時間も効率良く使うことができました。

M.Kさん

Webテストは、電車などでの移動時間にコツコツとやっていました。電車が混んでいてノートを開いての勉強ができない、移動時間が短すぎてノートをわざわざカバンから出すのが面倒、というときにでもスマホ1つで勉強ができ、とても便利でした。

A.Tさん

Webテストは、空き時間にぱっとできるし、ノートで行う勉強に飽きたときに、気分転換に行うことができとても良かった。なかなか勉強の時間を確保することが難しい時期がありました。そうしたときは、ちょっとした空き時間にスマホでWebテストをやることで知識を増やすように心がけました。

講座パンフレットなどを無料でお届けします。
講座についてのご相談を受け付けております。お気軽にお問合せください。
講座のお申し込み案内ページです。講座をお申し込みの方はこちらからどうぞ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次