Read Article

合格体験記2019速報版[社会人経験者]A.Sさん(特別区、さいたま市、習志野市合格)

A.Sさん 最終合格先:特別区(経験者1級職:事務区分、さいたま市経験者、習志野市)

公務員を志望した理由
前職に入社して4年目、市役所に出向をすることになりました。それまで公務員になることを考えたこともありませんでしたが、実際に地方公務員として仕事をしてみて、非常にやりがいを感じました。何より、仕事が楽しいと思えました。2年間の出向期間が終了して会社に戻りましたが、利益を追求する企業よりも、住民のために仕事ができる地方公務員になりたいという思いが強くなり、公務員を志望しました。

クレアールを選んだ理由
独学で勉強するのは難しいと感じ、何かしらの講座を検討していました。一番は、金銭面がリーズナブルであったとろころです。申し込む前に実際に話を聞きに行き、内容が充実してそうだと感じたことや、安心保証があることなど、総合的に判断し、クレアールを選択しました。

クレアールのよかったところ
基本的に全ての教科を動画で学習ができるので、一度では聞き取れなかったり理解が難しかったりした箇所を何度も繰り返し見ることで、理解を深めることができました。何度も聞いていると自然に頭に入ってくるということもあったので、自分のスタイルに合っていたのだと思います。また、教材は十分に用意されているので、自分の苦手な分野や重点的に取り組みたい科目を選んで対策がとれるという点も良かったと思います。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
学習を始めた当初は、どの科目もまともに解けない状況でした。学生の頃、数学は苦手ではありませんでしたが、大学受験などは経験したことがなかったため、最も問題数の多い数的処理に関しても、解き方を理解するところから始める必要がありました。数的処理は、とにかく自分で解けるまで何度もテキストを繰り返し実施し、暗記ものに関してはテキストを複数回、声に出して読むことで内容を頭に入れました。過去問がある試験については過去問を解き、間違えたり分からなかったりした問題について答えや解き方を調べることで、最低でも同じ問題は解けるようにと対策をしました。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
複数の自治体の試験を受けていたことや、模擬面接を2回実施していただくなど、面接の機会は多くありましたが、面接を経験すればするほど自信を無くしていました。第一希望の自治体の面接直前には不安でいっぱいになっていましたが、自分がこれまで仕事の中で何をしてきて、その時何を考えてその行動に至ったかなど、具体的に考えることを徹底したことで、面接を乗り越えることができました。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
筆記試験、論文対策、面接など、様々な場面で苦労がたくさんあることと思います。自分が得意だと思っていた分野で思いがけず壁に当たることや、思うように学習が捗らない時もあるかもしれません。そのような時は、周りに人に相談してみると良いと思います。私も、クレアールの担当の先生から、「最後は自分を信じて、自信をもって」と言われたことがとても励みになりました。自分の力を出し切って、頑張ってください。

>>社会人経験者採用試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

Return Top