Read Article

合格体験記2019速報版[行政職]M.Sさん(江別市合格)

M.Sさん:最終合格先 江別市(行政)

公務員を志望した理由
志望した理由の1つは、長く働き続けることが出来る環境で仕事をしたいと考えたためです。前の会社で働いていた時は仕事柄、退勤後や休日などでも急遽仕事が入ってしまうことが多々ありました。仕事へのやりがいはありましたが、その職場で今後のライフイベントを迎えながら仕事を続けていくことは難しいと感じたため、実際に長く働く女性が多々いる公務員という仕事に興味をもち、特に市役所を転職先として目指すようになりました。

クレアールを選んだ理由
自宅で効率よく学習することが出来る通信講座が持ち味である点と、他社よりも安価だった点が決め手となりました。転職活動を始めた当初は前の会社で働いていたことから、予備校に通えず、また計画を立てて独学で勉強をする時間も気力もありませんでした。そこで自宅で学習できる動画付き通信講座であり、比較的安価で口コミの評価も高いクレアールを利用することに決めました。

クレアールのよかったところ
数的処理の基礎的な問題から応用問題までを動画講義の中で丁寧にわかりやすく説明してくれていたところが私にとってはとても良かったです。かなり基礎的な知識についても林先生が端折ることなく説明してくれたことは、数的処理が苦手な私にとって助けになりました。また、難しい問題で理解が進まない時も林先生が「これはかなり難しい問題ですね」と動画の中で言って下さったことで心が折れることなく取り組み続けることが出来ました。担任制も良かったです。公務員試験に関する細かい質問に関して担任の島本先生に問い合わせすると素早く返信して下さりとても助かりました。

■学習するうえで苦労したことと、その克服法
一番苦労したことは苦手科目である数的処理の勉強についてです。当初は過去問をやることが一番効率の良い勉強方法だと考え過去問フォーカスを解いていましたが、ほとんど理解できなかったことから、数的処理の勉強をしたくない気持ちが膨らんだ時期もありました。しかしそうではいけないと思い、基礎的な問題が載ったミニマムチェックから段階を踏んで勉強を進めるようにしました。その結果、少しずつ理解が深まり、様々なバリエーションの問題を解くのが少しだけ楽しくなりました。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
面接対策をする上で心がけたことは、民間企業と公務員の仕事内容に関する共通点と相違点を自分なりに明確にしたことです。共通点を認識することは前職で得た経験を今後どのように活かしていけるのかをアピールする材料として使うことが出来ますし、相違点を認識することは、民間企業での仕事を経て、なぜ自分が公務員を目指すようになったのか、また今後どのような形で仕事をしていきたいかを伝える上で大事な材料となると考えたためです。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
私は民間企業からの転職だったため、新卒の受験生に比べ、不利なのではないかといった不安を長い間抱えていました。しかし面接対策をする中で、民間企業で得た経験や考えたことが内容の濃い回答を練る上で重要な材料になるのだと気付き、それを自信に繋げることで合格を獲得することが出来ました。公務員への転職を目指している方で同じような不安を抱えている方がいらっしゃるかもしれませんが、そのような不安は必要ありません。年齢や経歴にとらわれることなく、筆記試験に合格するための努力をし、面接の際に自分のこれまでの経験を今後どのように仕事で活かしていくのかをきちんと伝えることが出来れば良い結果に繋がります。頑張ってください!

>>行政系公務員試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

Return Top