Read Article

合格体験記2019速報版[行政職]H.Iさん 横浜市(大卒程度事務区分)合格

H.Iさん 最終合格先:横浜市(大卒程度事務区分)

■公務員を志望した理由
私が公務員を志望した理由は、前職の経験がきっかけでした。前職は大学受験予備校において塾長を務めていましたが、その中で様々な境遇の子どもや保護者と関わってきました。しかし前職の業務内容では、どうしてもサービスを提供できる人とそうでな人にわかれてしまい、葛藤を抱えていました。このような理由から地方公務員に転職を決意しました。

■クレアールを選んだ理由
クレアールを選んだ理由は2点あります。1つ目は金銭的な面が大きかったです。私は、働きながら学習することができなかった為、退職した後に学習するスタイルで合格を目指しました。所得が不安定となる状況下ではクレアールの価格設定はとても助かりました。2点目は通信学習型であったことです。学習開始時期が遅かった私にとっては遅れを一気に取り戻すためには通信学習が最適でした。

■クレアールのよかったところ
私が最もクレアールでよかったと思うことは、担任の先生によるエントリーシートの添削指導と面接指導です。公務員試験が初挑戦だった私にとって公務員試験ならではの対策方法を丁寧、かつ親切に教えてくださいました。また。連絡方法もメールでシンプルですし、アポイントもスムーズに取ることができました。また、模擬面接も私の自信が持てるまで何度も実施してくださりました。

■学習するうえで苦労したことと、その克服法
私が学習するうえで苦労したことは、1次試験対策の進捗をどう自分自身で確認するかです。私は公務員試験初挑戦だった為、自分が行っている学習が「このままで良いのか」「果たしてこのままで間に合うのか」がとても不安でした。このような状況で私が行ったことは、クレアールからいただいた指標通りに学習を進めること。そして、模擬試験(他社含む)をどんどん受けることでその不安を少しずつ払拭していきました。全科目・全範囲の学習を終わっていない状況でも模試を受けていったことで、模擬試験を受けるごとに少しずつ点数が向上していき、自信をもって本試験を迎えることができました。

■面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
私が面接対策で心がけたことは、面接を怖がらずに何度も模擬面接を実施することです。「何を話すかをしっかり固めてから臨もう」「受験先をしっかりと調べてから臨もう」などと思いがちですが、模擬面談の回数を重ねて、何度も失敗をして、先生からの指導やアドバイスをたくさん受けた方が自信にも繋がると思いますし、話す内容も深いものになると思います。先生にはその分ご迷惑をおかけしたと思いますが、結果として試験当日も自信をもって試験に臨めました。

■最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
これから公務員を目指す方に私がお伝えできることといえば、学習を始める前にしっかりと短期・中期・長期で計画を立ててからスタートすることが大切だと思います。1次試験通過後に面接対策等を始めると非常に忙しい毎日を送ることになってしまうと私自身、身をもって体験しました。特に試験先によって人物評価(面接)に重きをおいていることがありますので特に注意が必要かと思います。

>>行政系公務員試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

 

Return Top