Read Article

合格体験記2019速報版[行政職]ライトさん(税務職員)

ライトさん 最終合格先:税務職員

■公務員を志望した理由
年末に税務署で確定申告のアルバイトを経験し、税務職員に興味をもち始めました。大学で会計学を専攻しており、授業で不正会計について学び、利益にとらわれず公的な立場で取り締まることが重要だと感じました。そこから税務職員になりたいと思い始め、目指すきっかけとなりました。

クレアールを選んだ理由
公務員を目指し始めた時期が周りより遅かったため、短期間で知識が身につくものを探していました。そのころクレアールの存在を知り、「非常識合格法」というキャッチフレーズに目を引かれました。また、「オプション安心保証」で“一年目に不合格だったとしても、もう一年サポートを延長できる”というところに魅力を感じ、選びました。

クレアールのよかったところ
音声ダウンロード機能があったため、通学時間や、モチベーションがない日でも、気軽に聞くだけで知識を身に着けることができました。また、他の予備校よりも受講料がリーズナブルでしたが、薄い教科書で、短期間でしっかり学ぶことができ、わからないところがあっても問い合わせをすることで解決できるので、自分にあった時間に、自分にあった勉強法で学習することができたと思います。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
高校は商業科だったため、試験範囲の中には学習したことのない教科もありました。そのなかで自分の得意な教科を磨くことを一番に考え、数的処理を重点的に勉強することにしました。社会科学は一からの勉強でしたが、憲法の動画では判例を用いて説明してくれるため、とてもわかりやすかったです。その動画を通学時間や、家事をしている間などに何度も聞くことで、知識を身に着けることができました。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
面接対策では、形式にこだわらず、自然に会話をすることを心がけました。また、その場で考えて話せる自信がなかったので、事前に想定できる質問には、ある程度回答を準備していました。そして、声量や笑顔なども意識し、面接官に話しやすいと思ってもらえるような雰囲気作りを心がけました。本番では予想外の質問もありましたが、笑顔を意識したことで臨機応変に対応することができました。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
私が公務員を目指し始めたのは4月からだったため、周りから反対されたり、辞退を促されたりすることもありましたが、自分を信じて最後まであきらめずに勉強に取り掛かったことで、合格することができました。長期間勉強することは身体的にも、精神的にも、しんどいことが多いと思いますが、最後まであきらめずに努力を続ければ、必ず結果につながると思うので、頑張ってください。

Return Top