Read Article

合格体験記2019速報版[社会人経験者]堀さん(特別区1級職合格)

堀さん 最終合格先:特別区(経験者1級職。事務区分)

公務員を志望した理由
銀行に勤めていましたが、AI化によって仕事内容が変わっていき、なおかつ人員の削減があるため20代のうちに転職をしようと決意しました。そこで女性も働きやすく、子育てもしながら働き続けることができる公務員になろうと思いました。また、家族に公務員の人がいたため、相談をしたら公務員になることを勧めてもらったのもきっかけの1つです。

クレアールを選んだ理由
家族が公務員試験を受ける際に受講をしていてクレアールを勧められました。
また、週5日のフルで働いていたため、通学での勉強は難しく、WEB受講ができる講座を探していました。
WEB受講ですが、面接対策は対面で行っていることや担任制度があったことも決めてです。

クレアールのよかったところ
WEB受講ができることは、働きながら勉強する上で大変便利でした。電車の中やお昼休み時間に視聴できで便利でした。
数的処理が苦手な人は多いと思うのですが、過去問の解説も、解説動画がついているためとてもありがたかったです。
また、模擬面接は大変役に立ちました。本番の面接では同じようなことを聞かれてため、落ち着いて答えることができました。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
働きながらだったので、勉強時間の確保とモチベーションの維持が大変でした。
時間確保については、電車の中やお昼休みなど、ちょっとした隙間時間を有効活用していました。
モチベーションについては、公務員として働く姿を想像していました。また、「あともう1年働きながら勉強はしたくない、今回で絶対に決める!」と思い勉強のモチベーションを維持していました。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
自分の長所、短所などを棚卸しすることに苦労しました。
また、自分は今までの職務経験で、何が公務員として活かせることができるのかと考え、まとめることについても苦労しました。
面接では、笑顔で余裕を持ち、落ち着いて受け答えできるように心掛けていました。
難しいことや回答に困ることを聞かれても自分なりに考えて、ブレずに自分の意見を伝えることが必要だと思います。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
働きながら、公務員試験勉強を行うことは、本当に大変だと思います。
途中、このままの仕事でよいのでは・・と何度も思いました。
隙間時間をうまく使う、息抜きも忘れずにすることは大切だと思います。
勉強と仕事の両立は大変でしたが、自分自身で決めた目標に対して努力して、目標を達成できた時は自分に自信がつきました。あと、勉強している姿を見ていた周りの人から「おめでとう」と言われると本当に嬉しく感じました。最後まで頑張って良かったと本当に思います。

>>社会人経験者採用試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

Return Top