Read Article

合格体験記2019速報版[行政職]S.Mさん(昭島市合格)

S.Mさん 最終合格先:昭島市

公務員を志望した理由
福祉関係の仕事をすることを通して、多くの人の力になりたいと感じたのがきっかけでした。地元の自治体で私が関心を持っていた発達障害についての講演会を行っていることを知り、地方公務員になることで、発達障害のある方の学習支援や就職支援などを通して力になれればと考えました。

クレアールを選んだ理由
インターネットで通信講座を探していた時に、多くの人からの評判がよかったのがきっかけでした。実際に資料請求をし、具体的にどのような感じなのかを見てみたところ、内容も豊富なうえに、料金もキャンペーン中だったこともあり、安かったので選びました。

■クレアールのよかったところ
『自由な時間に勉強ができること』と『質問の対応が早いこと』です。大学に通っており、研究室に所属していたため、生授業での時間はとることができませんでした。通信のため、いつでも勉強をすることができるのはとても助かりました。また、わからない部分などメールをするとすぐに返信をいただけました。校舎での模擬面接をしていただけるので面接前は安心できました。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
数学系は得意だったので、数字を扱うものは特に問題はありませんでしたが、暗記物は苦労しました。同一人物が数教科にもわたって登場することもあり、何をしていた人なのかを覚えることは大変でした。移動時間や少しの空き時間などに、それらを書いたメモなどを何度もみることで覚えました。暗記物は最初に覚えることは大変ですが、一度覚えると力になるので忍耐強く取り組むといいと思います。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
受ける自治体で何をしたいのかを自分なりに整理し、伝えることを心掛けました。私が受けた自治体では、民間で出されるような、とんちチックな質問もされたので、対策してもしきれない部分がありました。しかし、その自治体のイメージなどを言葉で書き起こしておくことで対策はできたのかなと思います。やりたい仕事や部署、今後のキャリアをどう考えているのかも面接できかれるので、対策しておくと良いと思います。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
公務員になって、何をしたいのかを明確にしておくことが大切だと思いました。受験する自治体でどのような取り組みをしたいのかなど、自分自身のなかで整理しておくと良いと思います。勉強面では、通信講座の場合は、時間に拘束されていないため、しっかり勉強するという意思を持って取り組み継続することは大変ですが、頑張ってください。

>>行政系公務員試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

Return Top