Read Article

合格体験記2019速報版[行政職]S.Kさん(岩沼市合格)

S.Kさん 最終合格先:岩沼市(宮城県)

■公務員を志望した理由
大学時代、行政系の学部に所属していたにもかかわらず、そのときは公務員受験を諦めてしまった過去があります。民間に就職し、結婚出産を経験。退職し子育てに奮闘する中で、自分自身の今後のキャリアを考えたとき、このまま家庭中心の主婦で終わらせたくない、と一念発起しました。女性として、子育てをしながら働いていく環境を考えたとき、公務員が良いのではと考えました。また、自分の住んでいる自治体の受験年齢制限がギリギリ…ということもあり、絶対今年で決着をつける覚悟ではじめました。

クレアールを選んだ理由
まず、こどもがいるので学校には通えません。そして、公務員受験に費やせる費用もそこまでありませんでした。そういった状況で、自分でテキストをそろえて完全に独学…は効率が悪いだろうと考え、WEBで講義が視聴でき、担任制度があり、二次対策もできる、金額の面でも納得できるクレアールに決めました。

クレアールのよかったところ
講座がスマートフォンでもパソコンでも視聴でき、倍速再生ができるところが良かったです。わたしは、家事育児の合間に視聴することが多かったので、スマートフォンでみれることがとてもメリットだと感じていました。また、学習を進めていく中での疑問や不安な点は、担任の講師の方にメールで相談ができることも良かったです。公務員試験についてわからないことだらけでしたので。

■学習するうえで苦労したことと、その克服法
とにかく、学習範囲が広い!広すぎて勉強スケジュールの立て方がわからない、加えて、勉強する時間がとれないことが一番の悩みでした。日常生活の中で何とか学習時間を確保した結果、朝は4時に起きて1~2時間勉強、日中は仕事、夜は子どもの寝かしつけで一緒に寝てしまうこともしばしば…(涙)学習開始から6ヵ月後には試験があったので、間に合うか間に合わないかの瀬戸際で、常に不安と隣り合わせでした。ですが、講義とテキストをフル活用し、そして担任の講師の方のおかげで、なんとか最後までがんばりきることができました。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
面接では、新卒の方々との差別化を考え、社会人の経験と主婦の経験の両方を持ち合わせていることをアピールしました。また、面接でよく聞かれている質問に関して、文章の丸暗記ではなくキーワードでまとめておきました。第一印象にこだわり、入室時の挨拶のトーンや大きさなどに気を配りました。一番重要視したのは、落ち着いてハキハキと笑顔で話すことです。面接官の方々と会話をする気持ちで臨みました。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
わたしは、既卒子持ち主婦でしたが、なんとか最終合格をいただくことができました。勉強は、はっきり言って辛かったです。でも、ダメかもしれないと思っても、「絶対受かる!」と口に出すことを意識していました。公務員試験対策は、ただ闇雲に勉強すればいいというものではなく、コツが要るんだなと感じました。そして、勉強期間がとても長く、挑戦した試験に軒並み不合格…。モチベーションが下がってしまうこともありました。最後まで自分自身を強くもって、戦い続けられる、そんな強い人は多くないと思います。不安や悩みはそのままにせず、吐き出し、相談し解決して着実に前へ進んでいきましょう。

>>行政系公務員試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

Return Top