Read Article

合格体験記2019速報版[心理・福祉職] H.Mさん(特別区、横浜市)

H.Mさん 最終合格先:特別区Ⅰ類(福祉)、横浜市(福祉)

公務員を志望した理由
高校生の頃から、児童福祉に興味がありました。大学で勉強して、公務員として児童福祉に関わるような仕事がしたいと思い、特に児童相談所で仕事をしたいと考えていましたが、児童相談所の職員になるには公務員しか道がなかったので、志望することにしました。

クレアールを選んだ理由
独学での勉強に行き詰まり予備校に入ろうと思った時に、インターネットで調べていた時にクレアールを知りました。価格が安かったことと、大学受験の時も自宅で映像授業を見て勉強していたことから、タブレット端末からも授業を受けられることが魅力的に感じました。また、福祉職の対策にも対応していることが決め手となりました。

クレアールのよかったところ
入会した時、「独学での勉強に行き詰まっている」とメッセージを送った際に、とても丁寧にアドバイスをしていただきました。自分では、時事問題の対策の重要性に気がつくことができなかったけれど、アドバイスのおかげで、対策に手をつけることができました。また、論文対策でも、丁寧にアドバイスを書いてくださったのが印象的でした。あとは問題集をネットからコピーできたので、楽に持ち運びをすることができました。

■学習するうえで苦労したことと、その克服法
数的処理で何回も解いたことのある問題ができても、同じ単元の初めて解く問題は解けないということが多々あり、勉強をしても無駄な気がして気が滅入ってしまったことがありました。また、どのくらい解けるようになれば合格できるのかも、福祉職であるため目安がなかったのがしんどかったです。最後まで、「どのくらいやればいいのか・・・」という悩みは消えなかったけれど、自分の限界までやったら、落ちても納得がいくと切り替えて勉強に取り組みました。みんな悩んでいることは同じなので、自分の限界までやるのがいいと思いました。

■面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
自分はやりたいことがはっきりしていたので、質問されて答えに困ることはなかった気がします。しかし、クレアールの面接対策で「話の語尾が伸びるのが気になる」と指摘していただいたので、当日話し方を工夫することができました。また強いて言えば、区面接に当日持っていく調査書は準備期間が1週間しかなく、分量も多かったので準備が大変でした。

■最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
公務員を目指すことは、内定の結果が出る時期が遅いため、リスクを伴うことであると思っています。実際、私も周りの友達が夏休みに楽しく遊んでいるのを尻目に、暑い中スーツを着て面接に行くことは不安で辛かったです。しかし、「あの時にやっておけば良かった」と思うことほど後悔するものはないと思うので、学生時代最後の挑戦だと思ってチャレンジしてみて欲しいです。

>>心理職・福祉職試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

Return Top