Read Article

合格体験記2019速報版[心理・福祉職]K.Hさん(川崎市合格)

K.Hさん 最終合格先:川崎市(心理区分)

公務員を志望した理由
大学で学んだ心理学を仕事に生かしたいと思ったのがきっかけです。心理学部自体は漠然と興味があったから選んだので、大学入学当初は民間企業に行くものだと思っていました。大学1年の時の講義に家裁調査官の方や警視庁の心理職の方がいらっしゃったのをきっかけに様々な心理職を知りましたが、当時は大学受験が終わったばかりで将来のことなんて考えもせず、公務員試験を乗り越えられる自信も無かったので選択肢として有力ではありませんでした。
大学2年の時に将来が急に不安になり、企業のインターンを片っ端から受けては落ちを繰り返すうちに、自分のやりたいことは企業には無いと思うようになりました。元々非行や家族の問題に興味があったので、大学1年のときの記憶を引っ張り出し、そうした興味と学んだことが生かせる仕事を改めて探した時に心理職が自分のやりたいことと合致していると考え、その心理職が公務員という枠だったので公務員を志望しました。

クレアールを選んだ理由
公務員心理職の受験を扱っているのがクレアールを含めて2校しかなく、大学が遠いため予備校までの行き来の時間がもったいないと思ったことと、実績や有名な先生を起用しているなどの条件を知って決めました。正直、他校と比べるなどしっかり調べず、飛び入りで入会した節もありましたが、クレアールを選択して良かったなと思います。

クレアールのよかったところ
通信制なので、学校や家にいながらすぐに勉強に取り掛かれるのはすごく効率的だと思います。また、通信制でありながら、心理学の講義の収録に参加できたため、先生に直接質問や実際に添削してもらえたのは良かったなと思います。そこで友達が増えたり、既存の友達もクレアール生が多かったため、一緒に対策をしたりと試験を乗り越えるための幅が広がったと思います。講義も分かりやすい先生ばかりで、受講が苦になりませんでした。また、面接対策やアドバイスなどもたくさん応じてくださったので勉強面以外でのサポートもしていただきました。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
個人的に通信制がメリットな一方でネックになっていたところもあり、授業時間が決まっているわけではないので、自分次第で進捗状況が決まる部分で苦労しました。そのためどんどん視聴講義がたまっていき、そのたまった講義を一通り視聴することが目的となってしまい、その後の復習や演習の時間が全然取れなかったことが一番の後悔です。後半、社会学や法律、経済など暗記科目は一緒に勉強していた友達と問題を出し合ったりして楽しみながら復習できましたが、数的処理などもっと時間をかけるべきでした。
心理学は論述の対策の仕方が最後まで分からず、とても不安でした。文章を書くこと自体は苦ではなかったのですが、知識が追いついていないことが大きな原因だと分かり、図書館で本を借りたり、テキストを買ったりして対策しました。勉強中は、果たしてこの勉強法で身についているのかあまり実感できなかったので、精神的な不安と戦うことも苦労しました。そういうときは自分の気持ちをひたすら友達に聞いてもらったり、同じ公務員を目指している友達と共感しあうことで、なんとか乗り越えました。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
面接対策で苦労したのは志望動機と自己PRを考えることです。書き出してみると、意外と興味止まりだったり、自分が一体どういう人なのかわかっておらず、自分で掘り下げるのに苦労しました。そのため友人とお互いに深掘りし合ったり、有志で集団討論や面接練習の機会を設けて練習していました。
また面接対策に新卒応援ハローワークや、しごとセンター、大学のキャリアセンターなどをできる限り利用しました。人によって言うことが違ったり、心理職が特殊なこともあって、考えがすれ違うことも多々ありましたが、それも含めて対策になりますし、数をこなしたことが自信につながったと思います。あとはとにかく笑顔を心がけていました。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
公務員を目指し始めた当初は、全落ちしたらどうしよう、本当に自分にできるのか、といった不安でいっぱいでした。先輩に聞いても「大丈夫!私でもいけたから!なんとかなるよ!」と口をそろえて言われるのですが、正直不安は解消されませんでした。でもそれはみんなが通る道で、今振り返ってみると、あの時チャレンジすると決めてよかったなと思っています。私も今相談されたら、「なんとかなるから大丈夫!」と答えると思います。でもそれは乗り越えた今だから言えると思います。だからこれから目指すという方はたくさん心配してください。私は不安だったからこそ、勉強以外もボランティアやインターンや友達作りなどより積極的に行動できた1年になったと思います。
たくさん不安はあるだろうけど、その不安は新しいことにチャレンジして真面目に取り組んでいる証拠です。無理に解消しようとするのではなく、受け止めて今やるべきことに集中すれば大丈夫。応援しています。

>>心理職・福祉職試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

Return Top