Read Article

合格体験記2019速報版 森田さん(国家総合職:教養区分合格)

森田さん 最終合格先:国家総合職(教養区分)

■公務員を志望した理由
これからの日本が抱える社会課題を解決していきたいと考えていて、福祉系民間企業で1年間インターンした結果、民間企業における限界・国の機関でもクリエイティブな活動ができることを学び、国家公務員という道が自分にとっては最適解であると考えたため、志望することにしました。

クレアールを選んだ理由
心理系の学科だったので、人間科学区分での受験を考えていた中、クレアールは…心理系公務員に特に強く、サポートも全体的に充実していて、お値段も安めの予備校だということをHPで学んだからです。また、心理系公務員受験界隈では有名な高橋美保先生の授業を受けることができるのは、クレアールだけだったからです。

クレアールのよかったところ
とにかく教材がよかったです。特に教養系科目の教材は自習するためにもとても使いやすく、他の市販の教材は一切購入する必要がありませんでした。映像授業形式なので、好きな時間帯に好きなだけ受講することができて、大学での研究やインターンで忙しかった自分にはとてもありがたかったです。また、受講する授業を、自分に必要な分だけに絞ることができるので、とてもインプット効率が良かったです。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
試験勉強する上では、大学の研究やインターン、遊びとの時間配分に苦労しました。どれもあきらめたくなかったので、時間管理アプリで明確に時間設定をして、無駄な時間をなくしたり、タスク管理アプリで進捗を細かく管理したりして、効率性を重視して取り組みました。どうしてもやる気がなくなったときは、友達と全力で遊んでいました。メリハリが重要だと思います。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
面接対策としては、主に2つのことを心掛けました。まず第1には、多くの社会人の方から話を聞いたり、たくさんの文章を読んだりして、自分の中に「ストーリー・話の型」に関するストックを作ることです。そのために、企業・官庁説明会やOB訪問、社会人向けのイベント、学会などに行きまくりました。興味のある分野の本・論文もたくさん読みました。第2に、面接で話す自分独自のストーリーを色々な人と一緒に推敲していくことです。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
就活の時に出会った言葉をそのまま送ります。「公務員試験は受かる程度に頑張ろう。それ以上に学生にしかできないことを頑張ろう。サークル/部活・インターン/アルバイト・学科の専門研究/勉強などは学生じゃないとなかなかできません。試験は合格最低限に頑張って、学生ならではの活動を頑張った方が、絶対に将来のためにもなるし、国家公務員就職に限れば、官庁訪問で最強になれます。」クレアールは最低労力で公務員試験に受かるためのリソースをたくさん提供してくれます!

 

Return Top