Read Article

合格体験記2019速報版[行政職]O.Tさん(特別区、横浜市合格)

O.Tさん 最終合格先:特別区Ⅰ類事務(江戸川区)、横浜市(事務)

公務員を志望した理由
現在、食品メーカーで仕事をしていますが、就職するにあたって考えていた「誰かに喜んで頂ける仕事をしたい」という気持ちと、実際に職務内容や、転勤の多さに不満が募るようになっていました。
仕事をこなす中で改めて誰かの役に立てる仕事をしたいと考えるようになり、さらに可能であれば出身地で働き続けたいと思い、公務員の受験を決意しました。

クレアールを選んだ理由
地方で勤務しているため、塾や予備校に通うということが困難でした。そこでテキストなどを使用して独学で勉強できる方法を探していたところ、ネットなどの評価を見ていく中でクレアールの存在を知りました。
詳しく調べたところ、映像で学習できる点、面接や論文の対策が出来る点などから決めました。

■クレアールのよかったところ
仕事をしながらの勉強だったため、映像講義とテキスト教材で勉強できる内容がとても良かったと思います。時間や場所を問わず、やりたい時に勉強できました。
音声ファイルもあり、車などでもBGM代わりに何度も何度も聞くことができました。また、質問や論文添削、更には面接対策など筆記以外の面においても幅広いサポートを行っていただけるため非常に良かったです。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
仕事をしているので、学習時間の確保が難しかったです。仕事での移動中の車内や平日の帰宅後の数時間と毎日少しでも学習を行うように心がけました。メインの学習時間は休日にまとめて取りました。
それでも学習時間が足りないため、受験を1年延期して、1年半かけて少しずつこつこつと行うことにしました。
長期にわたる勉強のため、復習を常に行い、学んだことが抜けてしまわないように心がけました

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
社会人経験者のため、なぜ今の仕事を辞めるのかということを深く考えました。実際の面接でもその点を聞かれることが多かったため、対策をしていてよかったと感じました。
他には、それぞれの市政の特徴、どのような点が他の自治体と異なるのかという点について、それぞれのホームページを見ながら比較することで、自分なりの回答を作っていきました。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
新卒の学生の方も、社会人の方も勉強時間の確保が大切です。早いうちからコツコツと取り組むことで必ず成果が得られると思います。自分で学習計画を作成し、ノート作りを行い、復習を中心に行ってください。
面接に関しては、自己分析をしっかり行い、なぜその自治体を受けたいのか、他の自治体と何が違うのかをしっかりと考え、質疑応答書を作成しておくといいと思います。
日々の努力で成果は必ず出ます。諦めずに頑張ってください。

>>行政系公務員試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

Return Top