Read Article

合格体験記2019速報版[行政職]M.Sさん(埼玉県警察事務合格)

M.Sさん 最終合格先:埼玉県警 警察事務

公務員を志望した理由
以前、警察官をしており、警察組織でもう一度働きたいと思ったからです。現在も、非常勤職員として警察職員の職務に就いていますが、よりやりがいや責任を求めて正規職員を目指しました。本当は警察官に戻りたかったのですが、子供がいる中で、警察学校や当直勤務は親としての責任が問われるので、当直のない警察事務を目指すことにしました。

クレアールを選んだ理由
仕事や育児でなかなか勉強の時間が取れないことから、電話やメール相談ができ、webで繰り返し動画が視聴できるクレアールにしました。また、値段も有名専門学校よりも安かったです。

クレアールのよかったところ
担任制度が良かったです。メンタル面や学習面で支えられました。論文を提出した際の返信もとても早く、アドバイスもわかりやすく記入されていて、論文が苦手な私は非常に助けられました。模擬面接も土日にもかかわらず、すんなりと予約ができ、雑談を踏まえながら練習を行うことで自己分析もできたり、何度も練習できるところがよかったと思います。

■学習するうえで苦労したことと、その克服法
全く理解できない(経済系)分野がありました。克服法ではないが、計算問題は一切手をつけず、理解できそうな文章題だけを取り組みました。学習する時間が一日0.5時間〜2時間しかなかった点も、焦りや不安の原因でしたが、早々に過去問に取り組み、わからない問題はすぐに答えを見て覚えるようにしました。暗記系も時間が無かったので全て捨ててしまいました。数的処理、憲法、民法、行政法、時事問題を毎日少しずつ学習し、本番では教養、専門、各5割弱で一次試験を突破したので、捨て問を作ることも方法の一つかと思います。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
とにかく、明るくハキハキ話すことだけを意識しました。志望動機も一文しか答えてなく、面接官を腑に落ちない表情にしてしまい、次の質問も面接官の意図したことと違うことを答えてしまったので少々焦りもあったのですが、最後まで明るくハキハキ話すことを貫きました。イエスノーで答える質問に、「はい、そうです。」のみ答え、自分なりの答えを足すことなく、次の質問に移るということが3回繰り返されましたが、余計なことを言わなかったことも功を奏したかもしれないです。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
勉強をしていると毎日不安かもしれません。子育てや仕事をされて時間がない方、社会人経験がなくて自信がない方、様々な人がいると思います。私も正社員経験は1年未満、子育て中の非常勤の29歳、自信なんて全くありませんでした。しかし、毎日コツコツ勉強を行うこと、明るい未来を想像すること、決して諦めないこと、この三点だけで頑張れました。自分の限界や可能性を自分で決めず、頑張っていただきたいです。

>>行政系公務員試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

Return Top