Read Article

合格体験記2019速報版[公安職] K.Tさん(自衛隊一般幹部候補生合格)

K.Tさん 最終合格先:自衛隊一般幹部候補生

公務員を志望した理由
大学に入ってから進路に迷っていたが、親戚に幹部海上自衛官がおり、自衛隊への就職を勧められました。自衛隊のイベント等の見学を経て、私も幹部自衛官を目指したいと思い、受験を決意しました。また、皇宮護衛官や地元である神奈川県の行政職にも興味があったので、併願で受験しようと決めました。

■クレアールを選んだ理由
本格的に対策しようと思った時には試験まで1年を切っており、独学で頑張るには不安があったので、公務員講座を受けて効率よく勉強しようと思いました。自宅の周りに通いタイプの講座があまりなかったことや、金銭的な面から通信講座の方がいいと思い、調べたところクレアール通信講座を発見し、これだと思って申込しました。

クレアールのよかったところ
スマートフォンでいつでも動画を再生できるので、PC等を持ち歩く必要もなく、外出先でも手軽に学習できることがとてもよかったです。また、教材のミニマムチェックや過去問フォーカスなど、問題形式でしっかりと反復練習できる機会が多かったので、しっかりと知識を身につけることができました。単元ごとに、動画視聴後すぐにweb上で確認ができるwebテストは非常に良かったです。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
私は大学受験は推薦だったので、あまり本格的に受験勉強をしたことがありませんでした。公務員試験は科目が多く、受験までの期間が短い場合は得意分野などを早めに理解して力を入れる科目を選別しなければいけません。そのような意味では、高校時代にセンター試験の勉強などで土台ができている人の方が有利だと学習しながら感じました。実際、私は一般教養科目の学習に手いっぱいで専門科目の勉強がなかなか手につかず、後回しにしてしまっていました。しかし、苦手意識を持ってばかりでも仕方がないと思い、まずは移動時間などにさまざまな専門科目の講義を早送りで流し聞きする、ということをしました。そして、なんとなく概要が分かり、これならできそうという科目に焦点を当てて勉強を始めるようにしました。

■面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
面接では、やはり自己分析をしっかりと行うことと、模擬練習を繰り返し行うことが大事だと思ったので、その辺りは一次試験が終わる前から対策を行いました。
自衛隊は試験日程が比較的早く、今年の就活で私が面接を受けるのも自衛隊が最初でした。本命の自衛隊を最初に受けるのは不安があったので、質問の出題傾向を調べたり、知り合いなどに模擬面接をしてもらうということを行いました。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
公務員試験の対策は、早く始めるに越したことはないです。そして、結果に関わらず公務員試験対策で学習したことは社会に出てからも必ず役に立つ能力だと、学習しながら実感しました。クレアールは、自分の生活ペースに合わせた自分だけの学習方法で取り組むことができるので、ぜひ活用し、合格を掴みとってください。

 

Return Top