Read Article

合格体験記2019速報版[行政職]K.Tさん(川崎市、特別区合格)

K.Tさん 最終合格先:川崎市(事務)、特別区(事務)

公務員を志望した理由
誰かをサポートする仕事に就きたいと思い、就職活動を始めて、自分の性格や今までの経験から公務員が最適だと思い、公務員を目指すことになりました。川崎市を志望した理由としては、生まれ育った愛着のあるまちであるのと、現役の職員の方とお話しさせていただいた際に、とても熱意を感じ、私もその職員の方のように熱意を持った方たちと、川崎市を今よりもっとより良いまちにしたいと思い、川崎市を志望しました。

■クレアールを選んだ理由
公務員を目指すと決めたのが大学三年生の秋で、本試験まであまり時間がなかったので、通学制の予備校ではなく、自分のペースでできる通信制の予備校を探すことにしました。その際にクレアールを見つけ、非常識合格法や受講料に魅力を感じました。そして、通信制の予備校でも模擬面接など面接対策にも力を入れているところが決め手となり、クレアールに申し込むことにしました。

クレアールのよかったところ
映像配信式の講義だったため、自分のペースで学習することができ、一度では分からなかったところ何度も見直すことができ、理解を深めることができました。また、面倒見が良く、不安なことを気軽に先生に相談することができました。自信のなかった面接も模擬面接で何度も練習できたため、自信がついて、本番では笑顔を絶やさず自分の良さを存分に出すことができました。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
公務員試験の勉強を始める時期が遅めだったため、効率的に勉強を進めていくことが大変でした。また、法律科目が苦手だったため、講義を見て、問題をたくさん解くことを繰り返して理解を深めていきました。数的処理や経済系の科目を得点源にするため毎日解く問題数を決めて、そのノルマをこなしていきました。その結果、本試験では得点源にすることができました。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
まず、自分が今までどのように生きてきたか、どのようなことに興味を持ち、どんな経験をしてきたかを思い出し、ノートにまとめていきました。そして、受験する自治体のことを調べて自分が関わりたいと思う分野を見つけ、今までの経験と繋ぎ合わせることをしました。面接では、とにかく笑顔ではきはきと話すことを意識して、どんな質問が来ても頭が真っ白にならないように気をつけていました。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
公務員試験は民間就職と比べて期間も長く、やることもたくさんあります。やりたいことや好きなことを我慢したり、精神的にも肉体的にも疲れることも多々あるのと思います。しかし、自分に負けずに一生懸命努力をしていけば必ず報われると思います。目標に向かって頑張ってください。

>>行政系公務員試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

Return Top