Read Article

合格体験記2019速報版[行政職]T.Sさん(松山市合格)

T.Sさん 最終合格先:松山市

公務員を志望した理由
私はもともと民間企業で働いていました。しかしながら、私の住んでいる街は現在人口が減少傾向にあり、地域活性化をするために人口減少対策、また国内外からの移住者を増やし、元気ある街づくりを行いたいと強く思うようになりました。そのため地域に根ざし、街の基盤づくりを行うことができる公務員を目指しました。

クレアールを選んだ理由
他社の公務員講座と比較し、やはり一番の決めては値段が安かったことです。お財布にも優しく、ホームページや口コミを見る中で使いやすいということが言われており、近くの図書館で勉強するスペースがあったため、通信講座でもやっていけると感じ、クレアールを選びました。

クレアールのよかったところ
一番はやはり金額面で安いところです。しかしながら、実際にweb講座を受けてみると倍速の設定や、聞き逃したところは再度再生することができるため、聞き逃しなく、自身で理解しながら授業を進めていけることが良かったです。また、時間がないとき、通信でなかったら他の人に合わせて授業を聞いたりする必要がありますが、通信だと自分のペースで進められ、優先順位高い科目から選択して勉強することができるため、勉強時間に余裕がない人にはオススメです。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
私は社会人であり、公務員講座を受講し始めたのも10月であり、試験まで約8か月程度しかなく時間がありませんでした。そのため通勤、移動中でも音声ダウンロード機能を使い、手軽に勉強できたことが良かったです。動画を何回も見ることは難しかったのですが、音声は通勤中何度も繰り返し聞くことができたので、行政法と憲法に関しては過去問をみたときにどういった話を他にしていたかなども、9割程度覚えることができていたと思います。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
まず第一に元気よく、はきはきとしゃべることです。公務員は今、県・市とも挨拶ができない若者が多いという話をよく耳にします。そのため元気よく、はきはきとしゃべることを一番心掛けました。また、ハローワークに行ったりし、面接練習を行いました。面接している姿の動画も撮影していただき、しゃべっているとき、話し始めると少し早口になる癖などもわかり、落ちついて話すように頑張りました。面接では話すことを長々と話すのではなく、端的に分かりやすく伝える必要があるため短時間で考えて話すことが難しかったです。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
公務員試験は筆記試験までのモチベーションは保てるのですが、いざ試験2週間前になると、全く手をつけられていない教材を見てやる気が無くなってしまいます。試験範囲は広いですが、主要科目さえしっかりと勉強していれば案外点数は伸びます。実際、私は時間がなかったため、数的判断・推理、行政法、憲法、民法の半分しか勉強できていませんでしたが、落ち着いて解くことが大切です。また、面接試験がはじまっても、試験結果が出てから次の試験まで1か月程度空くこともあるため、モチベーションの維持が難しいですが、合格したら、公務員になれたと胸を張って言えるようになるので頑張ってください。

>>行政系公務員試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

Return Top