Read Article

合格体験記2019速報版[行政職] N.Mさん(山口県庁合格)

N.Mさん 最終合格先:山口県(行政)

公務員を志望した理由
私が公務員を志望した理由は、「国民のために働きたい」と考えたからです。大学時代に自分の好きな分野の知識を深く学び、留学することもできました。そうした経験を通して、日々国民のため、学生のために働く人がいることを実感し、私もそのように人を支える仕事に就きたいと考えました。

クレアールを選んだ理由
私は既卒であったため、学生さんとは違い、昼間に勉強する時間があり、夜にアルバイトをしていました。資格学校で夕方から夜にかけて集団授業を受けるよりも、自分の時間がある時に自分が進められる分量の授業を映像でみて勉強できるということで、クレアールを選びました。

クレアールのよかったところ
映像授業のため、一人で時間のある時にやりたい分量の学習を進めることができ、メールで気軽に相談や教科の質問をすることができました。過去問フォーカスを使って、どんどん問題を解くことができ、どのような問題が出るのかといった教科ごとの傾向がわかってきました。問題の隣のページに正答が載っていて、解説もすぐに見ることができたので助かりました。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
友達と相談しながら、教え合いながら学習することができなかったので、勉強するのが嫌になったり、モチベーションが下がったりすることがありました。勉強しなければいけないことは十分わかっていても、勉強が手に就かないこともありました。そんな時は、できるだけ自宅ではなく図書館やカフェなど積極的に外に出て、気分転換をしながら勉強していました。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
私は、人前に出てしゃべることに抵抗はなく、普段からよくしていましたが、試験の「面接」ということを少し意識しただけで、いつもの何倍も緊張してしまい、言葉に詰まることがありました。模擬面接をしていても、なかなか改善されず、大学にある就職相談室で相談したところ、面接は会話だからそこまで構える必要はないと言われました。それから面接では、いつもアルバイトでお客様に接するように常に笑顔で、答えられない質問が来ても慌てずに対処ですることを心がけました。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
これからの人生がかかっている場面で、とても不安やストレスがたまると思います。私の身近にも企業で就職活動している友達がたくさんいました。そして、企業の方はどんどん内定が決まっていきます。公務員試験の道のりはとても長く、耐えられず企業に転向する人もいますし、私も転向することを考えました。そんな時は周りの人に相談してください。不安がなくなることは難しいかもしれませんが、それでも、一人ではないと思えます。過度なストレスがないように適度に息抜きしながら頑張ってください!

>>行政系公務員試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

 

Return Top