Read Article

合格体験記2019速報版[技術職]Y.Tさん(横浜市土木職合格)

Y.Tさん 最終合格先:横浜市(技術先行実施枠:土木区分)

公務員を志望した理由
公共事業の計画から維持管理まで幅広く携わるチャンスがあると考え、興味を持ちました。
また、インターンシップで土木職の公務員の仕事内容を知り、とてもやりがいがありそうで、もっとこの仕事について知りたいと感じたので、公務員を志望し、勉強することにしました。

クレアールを選んだ理由
初めは予備校に通う予定でしたが、研究が忙しく、定期的に通うことが出来ないと判断して断念しました。しかし技術職は、行政職と比べると情報が少なく、独学で勉強するにはかなり不安だったため、通信講座を受講することを選びました。その中でも、クレアールは、技術系公務員向けの講座があり、担任制等のサポートが充実していると考え、選びました。

クレアールのよかったところ
過去問フォーカス等、教材が充実していたところです。ちょっとした隙間時間にも、送付された教材を活用し、勉強することが出来たのでとてもよかったです。また、学習の進捗状況等の悩み事があった際、気軽に相談できる担任の先生がいたことも心強かったです。先生に相談することによって、勉強の道筋を開くこともでき、精神的にかなり助けられました。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
学習するうえで苦労したことは、モチベーションの維持です。勉強しなければならない科目数も多く、出題範囲が広いため、何度もくじけそうになりました。私が行った克服法は、勉強する科目を取捨選択したことです。苦手な科目は一切勉強せず、得意科目をとことん勉強しました。学科試験は満点を取らなくても合格することが出来るので、十分に対応できます。また、勉強しなくていい科目があると、精神的に少し楽になります。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
面接では、自分がいかに受験する市に興味があり、愛しているかを伝えようと心掛けました。そのために、一次試験に合格した後、面接までの間、定期的に受験する市の街歩きをしました。そこで、興味を持った風景や構造物について、どこがよかったのか、どのようにしたら今以上に改善できるかなど、自分の中で考えるようにしまして、面接本番で言えるようにしました。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
公務員試験は一般企業の就職活動よりも長期的な戦いになります。そのため、途中でくじけて諦める人もたくさんいます。しかし、最後まで諦めず全力で突き進んでいけば必ず結果はついてくると思います。また、公務員試験を最後までやり通せば、今後の人生において大きな自信になることは間違いないです。頑張ってください、応援しています。

技術系公務員試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

Return Top