Read Article

合格体験記2018速報版[社会人] 四季さん(特別区1級、埼玉県内市役所合格)

四季さん 最終合格先:特別区1級職(事務)、埼玉県内市役所

■公務員を志望した理由
一生をかけてできる仕事に就きたかったから、というのが理由です。
大学時代に都市計画について勉強しており、卒業研究で地元の道路事情を取り上げたため、都市計画や地域の活性化に携われる公務員という仕事に興味を抱いていましたが、当時公務員試験は受けず現在勤務している民間企業に縁があり就職しました。
祖父や友人が公務員として働いており、生き生きと仕事をしている姿をいつもうらやましく思っていました。
勤務している会社に不満があるわけではなかったのですが、現職の会社で働き続けるイメージがわかず、またとある事情が重なり今公務員試験を受けなければ後悔すると思い、一生をかけてできる公務員という仕事を志望しました。

■クレアールを選んだ理由
なによりも良心的なところです。
受講料はリーズナブルな上、きめ細やかな担任制、他の予備校にはない「安心保証プラン」が決め手でした。働きながらの受験ということもあり、1年で合格までたどり着けるとは思っていなかったためです。このプランにしたことで、心の余裕も生まれました。
インターネットでの評判もよく、また経験者に特化して対策をしてくれる予備校は他になかったのも大きな要因です。仕事をしながら通学は無理だと思っていたので、web受講を大いに活用できそうだと思いました。個別相談会での親身な対応も決め手となりました。

■クレアールのよかったところ
Web受講もさることながら、音声データのダウンロードが可能でしたので、通勤時間を有効に利用することができました。また、担任の先生が進度について細かく気遣ってくださったことも心強かったです。
新卒での就職活動時から何年も過ぎ、面接はかなり久々で緊張していたのですが、自治体別に面接の練習を何度もしていただき、的確なアドバイスをいただけたおかげで自分に自信を持って面接にのぞむことができました。
「超」がつくほど数学が苦手な私でしたが、他の予備校にはない「数学の基礎」という講座も設けられていて一から復習することができたのも本当によかったです。

■学習するうえで苦労したことと、その克服法
とにかく数学・数字が苦手で、数的推理・判断推理・資料解釈という公務員試験上一番重要な部分を得点源にすることができずに苦労しました。問題集を、答えを見て解き、次に答えを見ずに同じように解くことができるか試し、同様の問題を解いてみるというサイクルを何度も繰り返し、数冊の問題集を何周かしました。
普段から残業がほぼ無いため、帰宅後の勉強時間の確保はそう難しくありませんでした。幸い図書館が家の近所にあったので、平日は会社帰りに図書館へ寄り論文対策をして、帰宅後家は数的処理を勉強、土日は図書館に1日中という日々を数ヵ月続けました。場所を変えて勉強をすることでメリハリをつけることができたのではと思います。
経験者採用試験にウェイトを置いていましたので、主に数的処理と社会科学を中心に勉強していました。経験者採用では、論文対策が重要です。その対策にも苦労しました。一通り主だったテーマについて書き上げ、自分で添削し、また書き上げるという作業を何度も繰り返し、頭に叩き込みました。
特別区経験者は2題論文があるのでどちらも対策しなくてはならないという焦りと学科試験の得点をある程度取れるくらいにしなくてはならないという焦りでつぶれそうになったこともありましたが、今頑張らなければ後悔するという最初の決意を胸に努力し続けることができました。

■面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
入社当初から、数字で結果が出る部署に所属していたわけではないため職務経験のアピール材料にかなり悩みました。面接対策の資料などでも、例に挙げられているのは立派な経験をもっていらっしゃる方ばかりで、私はなにをアピールしたらよいのか…と悩むことも多かったです。
しかし、すきま時間に今までやってきた仕事や改善してきたことを思い出し、何とか形にすることができました。面接対策で重要なことは、些細なことでもいいので普段からやってきたこと、自分のよいところなどを考えて、思い付いたらすぐメモを取れるようにしておくことだと思います。面接対策するぞ!と意気込んで行うより普段からいかに自分のことを振り返っておけるかで、実際の面接試験時に思いもよらない質問を投げ掛けられたときの対応の差につながるのではないかと思いました。
自分はこういう人間だと見せたい、というよりは、自分を精一杯表現してどうみられるかは面接官次第だ!と心を決めて面接に挑んだのもよかったかと思いました。担任の先生に何度も模擬面接をしていただいたお陰で、適度な緊張感で面接に望むことができたのも面接を成功させられた大きな要因だったと思います。

■最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
試験勉強を始めるにあたり、教えて頂いた言葉をご紹介します。
「公務員試験勉強はもちろん大変、でも大変という字は“大きく”“変わる”という事です。人生を大きく変えましょう」
この言葉を励みにして、9ヶ月近く頑張ることができました。社会人として働きながら、合格することができるとは夢にも思っていなかったので、本当に嬉しいですし、自分が一番驚いています。また、この公務員試験の受験を通じて、自分自身をより深く理解し、自分の住むまちについて改めて愛着を持つことにもつながったと思います。また、今まで経験してきたことにはすべて無駄がないということにも気づかされました。
自分には苦手なことがあるからと諦めずに、これからの人生を大きく変えるために、公務員を目指そうかと考えている方には一歩踏み出していただきたいと思います。

>>社会人経験者採用試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

 

Return Top