Read Article

合格体験記2018速報版[社会人]A.Mさん(特別区1級職合格)

A.Mさん 最終合格先:特別区(1級職:事務)

■公務員を志望した理由
私は江戸川区で生まれ育ち、元々江戸川区に強い愛着を感じていました。漠然と将来は地元のために何かしたいという思いを抱いていました。勤務していた会社では営業部署に所属しており、常に利益を追求していました。やりがいも感じていましたが、利益や売り上げのためではなく、誰かの幸せや生活を豊かにするために働きたいと思うようになり、行政サービスに携わりたいと考え、志望いたしました。

クレアールを選んだ理由
他校にはあまり見られない社会人経験者採用の受講コースがあった点と受講料が安い点がクレアールを選んだ最大の理由です。また、受講生一人ひとりに担当講師がつくところも、学習相談を気軽にできるのではないかと思い、魅力に感じました。それに加え、Web動画が充実しているため、場所を選ばずに学習できると思い、クレアールを選びました。

クレアールのよかったところ
数学関連の学習全般に不安を感じており、学習スケジュールについて担任の上村先生に相談したところ、適切なアドバイスをいただき、非常に安心いたしました。その後も、不安に感じることがある度に相談メールを送ると、迅速に返事をいただき、前向きに学習を続けることができました。また、学習を進める中で理解出来ない問題についても、質問メールを送ると直ぐに回答をいただけたので、苦手教科についても理解を深めることができました。

■学習するうえで苦労したことと、その克服法
社会人経験者採用では配点が高いといわれる、論文対策に苦労しました。課題に対し、論理的に文章を組み立てることが最初は難しく、過去の課題について論文を書き、添削をしていただくことを繰り返しました。時間配分も重要であると思い、実際に時間を計りながら、構成・文章を考え、書き上げることを意識しました。また、添削の際に「特別区職員ハンドブックの内容も確認しておいた方が良い」とアドバイスをいただき、その通りにしたところ、特別区の職員としての在り方を学ぶことができ、完成度の高い論文を書けるようになりました。

■面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
事前に自己分析を徹底して行うことを意識しました。特別区の人事委員会での面接では、エントリーシートに沿った内容をかなり掘り下げて質問されます。自己分析をしっかり実施し、志望動機や自分の強み、性格を説明できるように準備することが重要でした。想定される質問に対して、複数の回答を準備しておくと良いと思います。面接の前には、クレアールの模擬面接を受け、上手く答えられなかった点については何度も練習を行いました。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
学習の進め方や面接・論文対策をどのようにしたらいいか、最初は不安でいっぱいでしたが、クレアールでは担当の先生方が様々な相談にのって下さいます。講義動画は場所を選ばず、Webで視聴できるため、社会人の方であっても隙間時間を活用して学習ができます。また、動画の速度を変更できるため、時間がない時は1.5倍などで効率的に学習を進められました。数的処理など数学関連全般が本当に苦手で、学習を始めたばかりの頃は全くと言っていいほど解けませんでしたが、基本講座など初歩的な問題を繰り返し解くことでコツをつかむことができました。学習を進めていくほどに「継続は力なり」ということを痛感しました。強い気持ちを持って努力を続ければ、必ず良い結果となると思います。大変なことも多いと思いますが、心より応援しております。

>>社会人経験者採用試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

Return Top