Read Article

合格体験記2018速報版[行政職] 柴犬さん(最終合格先:国家一般職、特別区Ⅰ類)

柴犬さん 最終合格先:国家一般職(行政区分、総務省統計局)、特別区Ⅰ類(港区)

公務員を志望した理由
私は、大学でやりたいことを見つけることができませんでした。そこで、目指す職種がない中、就職を考えた時に、将来に「あの時、頑張っていればよかった」という後悔ができるだけ少ない職種に就こうと思い、公務員のことを考えるようになりました。また、やりたいことがないからこそ、いろいろな仕事ができる公務員に魅力を感じ、目指しました。

クレアールを選んだ理由
私が選んだ理由を以下に挙げます。
・他の予備校に比べ、安価なこと
・担任制度が充実していたこと
・わからないことは、いつでも簡単に質問できる
・パソコン完備の自習室があったこと
・アドバイザーの方が親身だったこと
・論文添削が充実
・模擬面接が充実

クレアールのよかったところ
クレアールを選んだ理由と重なるのですが、やはり安価であり、自分で費用を払えたことです。自分でお金を出していると、「頑張って貯めたお金が意味なくなるのは嫌だ」と感じ、勉強の意欲が増しました。また、私にとっては、担任制度が非常に充実しており、助かりました。周りに行政職の公務員を目指す人がいない中、様々な相談に乗っていただきました。不安なことを、長時間、聞いていただく機会が多かったのですが、親身になって、雑談も交えながら話させていただき、ストレスの解消にもつながりました。また、論文添削は何回でもでき、模擬面接も非常にしやすいのが、よかったと感じました。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
勉強の習慣をつけることが一番難しいと感じました。そこで私は、大学の試験という、直近で集中して勉強しなければいけない試験があり、そこで、無理やり作った勉強の習慣を、その試験が終わっても維持し続けるようにしました。また、初めて勉強する科目が非常に多かったので、わからないところがあっても、一周させるようにし、全体をある程度把握してから、細かいところを勉強していきました。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
大変だったことは、面接対策をしすぎないことです。やはり、受かるためには対策をすることが必要になりますが、逆に、面接慣れしすぎていると、暗記した答えを答えるだけで、棒読みになり、熱意が薄れてしまいます。まだ、面接対策をしていない説明会の時に、面接官に1対1で会う機会がありました。その時には、自分がなぜ志望しているのかを、拙い感じで、その場で思ったことを話しました。その後、面接対策を行い、面接試験で同じ方に会った時に、面接慣れしすぎていて、熱意が薄れているから気を付けてという風に言われました。そこで、面接慣れしすぎずに面接対策をするということも必要なのだと感じました。
ただし、面接対策は絶対に必要なので、怠らないように!!

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
公務員試験は非常に、トップクラスでフェアな試験だと思います。企業では、努力ではどうしようない部分で、有利・不利がでてくると思います。それに対して、公務員試験では、筆記試験も比重がある程度あるので、頑張れば頑張った分だけ合格に近づきます。また、たとえ、周りに同じように公務員を目指す人がいなくても、クレアールなら親身になって相談に乗っていただける方々がいらっしゃいます。たった一人の挑戦でも、クレアールの方々は一緒になって協力してくれるので、思い悩んだら相談してみてください。頑張ってください。

>>行政系公務員試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

Return Top