Read Article

合格体験記2018速報版[行政職]アカハライモリさん(財務専門官、国家総合職、特別区合格)

アカハライモリさん 最終合格先:財務専門官、国家総合職(経済区分)、特別区Ⅰ類事務

公務員を志望した理由
大学で所属している研究会で社会保障や公共政策について学び強く興味を持ったのがひとつの理由です。また、自分のやったことが未来の人に資するという仕事のスケールの大きさも魅力のひとつだと思い公務員を目指しました。

クレアールを選んだ理由
二つあります。第一には料金の安さです。大学生ということもあり親の援助はありながらも資格予備校に通える資金のない自分にとってはクレアールはとてもリーズナブルな価格で授業を受けれると感じ選びました。
もうひとつは映像授業という点です。生授業のライブ感はないものの映像授業ならではの反復学習はとても学習効率がよく合格に結び付く大きな要因になったと思ってます。

クレアールのよかったところ
映像授業なので、何度も復習が出来るのはよいと思いました。一度の授業ですべてを理解するのはかなり難しいので苦手な科目はとくに何度も授業を受けて苦手を克服しました。
また論文の添削も何度もしてもらい、また返却されるのも早いので実力強化に大きく貢献してくれたと考えています。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
自分一人で勉強しているという感じがなかなかぬぐえず、また情報も自分で手に入れなければならない状況は苦しかったです。前者に関しては時折気分転換で友達と遊ぶことを心がけました。後者に関しては、情報の取捨選択能力は問われるものの本やインターネットなどで積極的に最新の情報を得られるように注力しました。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
自己分析がうまくいっているのかどうか確認するのに苦労しました。最後まで結局面接は苦手なままでしたが、それでも独立行政法人などをいくつか受けて本番を想定した面接の練習はおこないました。
地方と国の自治体では問われる内容求められる能力が違うなと公務員試験を通じて理解しました。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
受験は団体戦だなどと言われますが、それはある面では詭弁かもしれません。合否を決定する力は結局のところ自分の力であり仲間だってある意味ライバルです。受かれば勝ち、落ちれば負けという世界です。努力は嘘つかないとよく言いますが、やり方を間違えれば努力だって嘘つきます。
ゴールを見据え、そこから逆算し、適切な努力をして合格をつかみとって下さい。

>>行政系公務員試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

 

Return Top