Read Article

合格体験記2018速報版[心理職]M.Sさん(埼玉県合格)

M,Sさん 最終合格先:埼玉県上級(心理区分)

公務員を志望した理由
大学で心理学を学んでいて心理の仕事に就きたいと思いました。大学時代に、実習とボランティアの経験から子どもに関わる仕事がしたいと思い、調べているうちに公務員の心理職を知りました。早く現場で仕事がしたいと強く思うようになり、学部卒でも心理の仕事ができる公務員を志望しました。また、就職後も充実した研修制度や大学院への進学支援制度もあるため、公務員の心理職ははとても魅力的でした。

クレアールを選んだ理由
公務員心理職の対策に強いということがクレアールを選んだ一番の理由です。また、予備校を選ぶ際に事前に面談をしていただき、疑問や不安に思っていることを相談できたこともよかったです。クレアールのスタッフの方にとても親身に相談に乗っていただきました。勉強スタイルの希望とスケジュール管理などを始める前に教えてもらったので、公務員試験勉強の一年間のイメージを持てたと思います。クレアールを選んでよかったです。

クレアールのよかったところ
自分の好きな時間に映像で勉強できたことがよかったです。大学の勉強とプライベートと公務員試験の勉強を上手に管理できたのは、自分の好きな時間に勉強できたことが大きかったと思います。
映像は倍速や早送りもできて分からないところを何度も見て確認できるため、復習もバッチリできました。このメリットが分からないところを分からないままにせずに済んだと思います。基本授業もそうですが、集団面接なども何度も見て参考にしました。心配性の私には、何度も見て確認できることがすごく助かりました。

学習するうえで苦労したこと、その克服法
私は、大学受験もAO入試で本気の受験勉強が今回初めてでした。周りに比べたら本当に知識が薄いのと、メンタルも弱いと思います。しかし、クレアールの公務員試験についての豊富な情報と担任の先生のサポートもあり、最終合格することができました。担任の先生と相談して、私のレベルで出来るところを絞って勉強しました。自力でも勉強は頑張りましたが、カットするところはカットして効率よく勉強できたことは合格に繋がったと思います。
克服法は、基礎まで戻って理解してから次に進むように心がけました。そのぶん時間はかかりましたが、基礎を飛ばしていたら理解できずにいたと思います。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
クレアールの担任の先生やハローワーク、家族や友人にお願いして何回も模擬面接をしました。自分で面接の時の質問項目を作ってそれを元に模擬面接をしてもらったり、答えの準備をしました。また、事前に家族や友人に私のことを細かく聞き、丁寧に自己分析をしました。沢山回数をやり、フィードバックを貰うことで自信にも繋がりました。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージ
本当に不安と焦りでいっぱいでした。特に自分の性格から、周りと比較してしまい直前期は辛かったです。しかし、頑張った成果である自分の作ったノートや書き込んだテキストを見直したり、家族や友人からの励ましで最後まで頑張れたと思います。知識が浅いぶん、自分の出来る部分を頑張って磨きました。(情報収集や論文対策、暗記科目など)勉強嫌いで今までの人生本気で勉強したことがない私でも一年間頑張って最終合格することができました。なんとかなる!なるようになる!精神でやれば必ず結果はついてくると思います。モチベーション維持が難しい時は、説明会に行って実際に働いている職員の方のお話を聞いてモチベーションをあげたり、家族や友人に話を聞いてもらうことも必要だと思います。
不安は努力で潰せる!!この言葉がお守りでした。頑張れば絶対大丈夫です。報われます。

>>心理系公務員合格を目指す方におすすめの講座はこちら

Return Top