Read Article

合格体験記2018速報版[行政職]H.Tさん(長野市合格)

H.Tさん 最終合格先:長野市(行政A)

公務員を志望した理由
教員と迷っていましたが、地元の市の職員として多様な業務にあたりいろいろな経験を積みたいと考え、公務員を志望しました。
地方公務員を志望したのは、地元に戻って生活したいと考えたからです。自分の出身地で、仕事をし、家庭を築くことが自分にとって、とても魅力的なことでした。
また親や先輩も公務員として働いていたので、その姿を見たり、話を聞いたりするなかで自分が公務員として働くイメージもできました。

クレアールを選んだ理由
大学の公務員講座の締め切りが過ぎていたため申し込めず、また大学の講義もあったので、専門学校に通うというのも難しかったので、自分の空いてる時間や夜にまとめて勉強できるクレアールの通信講座を選びました。
またネットや友人の話を聞いて、クレアールの評判が良いと感じたので選びました。

■クレアールの良かった点
直接会って講師の先生方にアドバイスをしていただく機会はありませんでしたが、自分がメールでアドバイスや情報提供を求めた際には丁寧に対応していただきました。
講義の映像は自分の空いてる時に見れることや、分かりづらいところは何回も繰り返して見ることができるので、とても便利でした。またスロー再生や早送りの機能もあったので、少し早く感じた部分も調節できたので良かったです。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
自分は11月にクレアールの講座を申し込んだのですが、その時点で他の勉強していた人達と比べて遅れが大きかったです。また大学での実習やゼミがあり、なかなか勉強時間をとることができませんでした。自分が本当に勉強を始めたのは2月になってからでした。
とても焦り、イライラしながら勉強する時間が多かったです。
その時は周りの公務員試験を受ける人や教員採用試験を受験する友達と一緒に勉強し、勉強のモチベーションを高めていました。

面接で心がけたこと
面接の準備として、友達と模擬面接をしたり、クレアールの面接の講義をみて実際の面接をイメージしていました。
面接本番はどうしても緊張してしまって、言いたいことを全ていうのは無理だと思っていたので、長く喋らず、面接官の目を見てハキハキと話すことを意識しました。
面接官の方から予想していなかった質問もあったのですが、目を見て話す、ハキハキと話すことを意識するだけでも印象は少し良くなるのではと思いました。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
自分は公務員試験受験生の中では、勉強時間も短く、準備不足であったと思っています。そのため、試験当日には周りの人がとてもできるように見え、自分は合格できないのでは、と弱気になってしまいました。
それでも応援してくれている人の期待に応えられるようにと最後まで踏ん張ることができました。皆さんには先を見越して、早め早めの準備を心がけて勉強していただきたいです。
そうすればそれまでやってきた自信が合格を引き寄せると思います。
勉強を始めてから試験に合格するまで、家族や友人はあなたを応援しています。その人達への感謝を忘れず、公務員試験合格を目指して頑張ってください。

>>行政系公務員試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

Return Top