Read Article

合格体験記2018速報版[技術職]R.Kさん(川崎市、厚木市合格)

R.Kさん 最終合格先:川崎市(土木)、厚木市

■公務員を志望した理由
大学で都市計画の授業を学んでいたときに、公務員の土木職の仕事に魅力を感じました。私が就職活動において志望していた建設業界の中でも、都市計画などの大きな仕事は公務員にしかできないと思い、第一志望のような政令指定都市で働きたいと考え志望しました。

クレアールを選んだ理由
私が住んでいた場所が都心から離れていたため、自宅で通信講座で勉強しようと考えていた点から予備校を探したところ、クレアールは価格が比較的安く、面接・GDの練習やエントリーシートの添削も行ってもらえるため、1次試験から最終試験まで頼れる予備校だと思い、クレアールを選びました。

クレアールのよかったところ
一般教養の数的処理がどの試験種でも最重要科目になりますが、特にクレアールの数的処理はわかりやすく裏技のようなことも解説してくれるため、とても覚えやすかったです。また、講義ではどの科目も要点をしっかり抑えて解説してくれるため、テキストに線を引いて講義後に復習するなど、勉強が苦手な私でも効率よく学習できました。
クレアールは通信講座でありながら、模擬面接やESの添削もしてくれるので、2次試験以降の対策も問題なくできたかと思います。

■学習するうえで苦労したことと、その克服法
私は工業高校出身であったため、一般教養の予備知識が無く、ほぼ全科目を一から学習しました。勉強に対する苦手意識がとても強く最初は挫折しかけましたが、私の場合は何度も何度も繰り返し過去問を解いていくうちに苦手だった科目を克服することができました。同じ科目を長時間連続で学習するのは疲れるので、得意な科目と苦手な科目を1時間で区切って、交合に進めるなどと工夫をすると、案外楽しく学習することができました。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
模擬面接は受けませんでしたが、自分に向かってカメラで動画を撮り、質問されたことを想定して志望動機や自己PRを喋ってみると、案外本番に近い形で練習ができ、私はこの方法で面接対策をしました。
また、志望先のことをしっかり調べ、現地に直接足を運んでその場所のイメージを掴んだりもしました。
面接は堅苦しいイメージがあるかと思いますが、私は通常の会話のような形式でどの面接にも挑んだ結果、合格することができました。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
私は上にも書いた通り勉強が苦手で、クラスの順位も下から数えた方が早いくらいの学力でした。ですが、公務員試験は基本的に努力次第で合格することも可能です。公務員になりたいけど、いままで全く勉強をしてこなかったという方もいるかと思いますが、1次試験さえ合格すればあとは熱意で乗り切れます。面接では少し意地悪を言われても挫けずに頑張ってください!

技術系公務員試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

Return Top