Read Article

合格体験記2018速報版[福祉職]K.Tさん(特別区、横浜市合格)

K.Tさん 最終合格先:特別区Ⅰ類(福祉)、横浜市(社会福祉)

公務員を志望した理由
福祉学を勉強する中で、どの分野にも行政の仕事が必要だと知りました。人々の生活の根幹を支え、誰もが日々の生活を豊かにしたいと考え、公務員を志望しました。その中でも、地方公務員を志望したのは、市民の想いを直接聞くことができ、その想いを政策として反映できると思い志望しました。

クレアールを選んだ理由
公務員を目指したのが3年生夏でしたので、通学はもうできないと思い通信で予備校を探していました。また、福祉職を目指していたので、専門科目を勉強できる予備校を探す中で、クレアールを見つけました。クレアールにした最大の理由は、受講料割引サービスをやっており、他の予備校と比べて値段が安かったからです。

クレアールのよかったところ
なんといっても心強い担任制です。通信のため周りの様子がわからずモチベーションが下がってしまうことがありました。しかし、進捗状況や勉強の仕方など些細なことでも担任の先生に相談し丁寧なアドバイスを貰うことでき、勉強へのモチベーションを上げることができ励みになりました。
また、福祉専門職の講座があり、たくさんの範囲からポイントを絞って効率よく勉強できたことが良かったと思います。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
周りと比べることができず、勉強の進度が遅れているのか、本当に自分の勉強のやり方が正しいのか、定着しているかなど不安要素がたくさんありました。また、特別区の専門試験では論述試験であったために単語を覚えるのみではなく、その意味をしっかり理解し自分の言葉で説明する必要があり苦労しました。試験直前は、ポイントを絞り書き、家族や友人に書いたものをチェックしてもらうことで伝わる論述を目指しました。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
①面接カードについて
自分で面接カードを記入し、家族や担任の先生にみてもらいました。人と話しながら自己分析をすると自分では気づかなかったこと、新たな発見があり自分に対しての理解が深まりました。面接カードを軸に面接が進んでいくので、丁寧に作成しました。
②自分の言葉で話す
面接は、会話のキャッチボールだと思っています。暗記した文章を述べているような話し方をすることなく、
聞かれたことに対して、自分なりの考えをもち相手に伝えたいという気持ちを持って話そうと心がけました。
表情も、無表情にならないように心がけ、常に笑顔は意識しました。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
公務員試験は長期戦なので、先の見えない不安に押しつぶされそうなときや投げ出したくなるようなときが沢山あります。周りの民間志望の子たちが続々と就活を終えていく中で、自分のやりたいことや目標を見失い、あせってしまうこともあると思います。そんな時は、どうして自分は「公務員」を目指しているのか見つめ直してみると良いかなと思います。氾濫する情報に心を乱されることもあると思いますが、自分に合った計画を立て、気分転換もしつつ頑張ってください。

>>福祉系公務員試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

Return Top