Read Article

合格体験記2018速報版[行政職]D.Iさん(横浜市事務区分合格) 

D.Iさん 最終合格先:横浜市(大卒程度事務)

公務員を志望した理由
地方銀行に勤めていたのですが、本当にお客様の為になっている仕事が出来ているのか疑問に感じたこと、業界景気悪化により将来性に不安を抱いたこと、直属の上司と馬が合わなかったことから転職を決意。最初は民間企業への転職も検討していたのですが、安定していることやまちづくりを担う幅広い業務に取組むことが出来ることに魅力を感じ、公務員転職を決意しました。

クレアールを選んだ理由
通信教育は、仕事の都合関係なく自身のペースで勉強出来ること、他校と比較し値段も安いこと、家から近く自習室の利用が出来ることから、クレアールを選びました。また、1年目に落ちた際も「安心保証プラン」のオプションにより継続して受講することが出来たことも決めてです。

クレアールのよかったところ
面接対策では非常に親身になって対策をして頂きました。模擬面接は回数制限が無く、何度も面接対策を行うことで自信に繋がりました。先生によっては、横浜市在住の先生がいて、横浜市に住んでいて感じる課題や横浜市の歴史などを教えていただきました。また、動画講義は速度を選べるので、自身の得意分野は1.5倍速にするなど、効率的に勉強することが出来ました。さらに、論文対策では、丁寧に分かり易く添削していただいたことが良かったです。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
公務員試験は勉強量が多く、モチベーションの維持をすることが大切だと思います。時には運動することなどで、気分をリフレッシュ出来たことが、モチベーション維持に繋がったと思います。また、継続的な勉強が知識習得には必要だと思いますので、毎日1時間は決めて勉強することが大切だと感じました。時事対策においては、日頃から新聞を読み社会情勢を把握し、時事講座を受講することで、理解度が深まったと考えます。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
社会人になると、面接をする機会は少なく、対策が難しいと思います。講師による模擬面接のみならず、友人にも協力してもらうことで、自信を持つことが出来ました。私は2年にわたり公務員試験を受験しましたが、1年目は面接対策をあまりしておらず、前職で何をしてきたか自己分析が出来ておらず、失敗してしまったと感じます。社会人は特に前職での活動を確りと振り返り分析することが大切だと感じました。

■最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
公務員を目指す人の理由は様々だと思います。社会人で公務員に転職する人もいるかと思います。特に面接試験では、「前職で何をしてきたか」ということが非常に大切だと感じます。前職で仕事を頑張っていない人は面接であまりアピールすることが出来ないかと思います。公務員試験に限らず、採用側は前職で何をしてきたか、採用したらどのように貢献出来るのかを評価すると思いますので、公務員試験の勉強もそうですが、在職中の方は仕事も頑張ることが大切だと思います。

>>行政系公務員試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

Return Top