Read Article

合格体験記2018速報版[福祉職] R.Fさん(埼玉県上級福祉職合格)

R.Fさん 最終合格先:埼玉県上級(福祉職)、東京都Ⅰ類B(福祉A)

公務員を志望した理由
正直なことをいうと、安定している・転勤と言っても県内に限られる・民間の就職活動において勝ち抜ける気がしない・民間で働くイメージができなかったという4つの理由で公務員を志望しました。
あとは私自身が真面目な性格であることから向いているのではないかとも思ったためです。

クレアールを選んだ理由
まず、公務員試験は就職試験になるので独学では不安を感じ、試験の情報を得るためにも、また面接指導をしてもらうためにも予備校に通うことを決めました。
通学型の予備校が近所になく、学校も遠かったため通信型が良いと予備校を探していた時見つけました。他と比べて安く、担任制や面接指導などもしていただけることからクレアールを選びました。

クレアールのよかったところ
・過去問題集があったところ。やはり自分で集めるとなると大変で解説もないので、用意していただけてありがたかったです。
・担任の先生がつくところ。試験情報からささいな疑問まで答えていただき、初めての受験で何もわからない身にとっては心強かったです。特に試験が始まってから、二次試験対策は手厚くしていただきました。実際会った際は、過去の合格者の情報や対策も教えていただきました。
・他の予備校(通信型)と比べ格安なところ。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
一般教養科目は、やはり昔のほうが解けてたな……忘れてしまってる……と思う点が多かったので、高校までの教科書やノートを出して手元におき理解を深めました。
文章理解が一時期全く解けなくなってしまったときは、ひたすら問題を解いて克服しました。
専門試験は正直「こんなの覚えられるか!」と思いながらも覚えられるように、関係のある事柄同士を繋げてノートに整理しました。
どうやっても覚えられないと感じたものは捨て、他のことを確実に解けるようにしておくという切り替えも重要だと思いました。

■面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
集団討論・面接練習はひとりでやるのは難しいので、無料で参加できるマイナビやしごとセンター、キャリアセンター、(あと頼りになる友人 笑)をフル活用しました。参加出来るものにはどんどん参加したことで、雰囲気がわかりましたし反省もできました。面接練習を重ねるごとに自分が言いたいことが何か、どうまとめるべきかわかってきました。
人前で「丸暗記でなく会話する」話し方に慣れるのが初めは大変でした。
公務員試験面接の練習として民間の面接を受けるべきとも言われることもありましたが、私はその民間企業面接に向けて準備する時間や手間がもったいないと思ったことと行く気のない民間企業の面接を受けるのはどうなのかと思ったことから、民間企業の面接は経験しませんでした。
ハキハキ表情豊かに会話することを意識して、堂々としていることが大事だと思います。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
公務員試験、結果発表が遅いだけにもし落ちたらと不安になると思います。
私は民間の就活は一切してなかったので尚更不安でしたが、もう受かると信じて頑張るしかないと思います。
勉強はするしかないですし面接・集団討論・論文などは人に助けてもらいながら練習するしかないです。
私は福祉職で受験・合格しましたが、福祉に特化してる必要はなく、いかにやる気を見せられるかが大事かと思います。
ついでに言うと、試験受ける頃には優先順位を明確にしておくべきかと思います。面接日かぶります笑
合格後自分が働く姿を想像しなりたい!という気持ちを強く持って頑張ればきっと大丈夫です!よく調べて、悔いのない職種選択・受験生活を(*´∀`)ノシ

>>福祉系公務員試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

Return Top