Read Article

合格体験記2018速報版[心理・福祉系]Y.Sさん(家裁調査官補合格)

Y.Sさん 最終合格先:裁判所総合職(家裁調査官補)、法務省専門職(法務教官B)

公務員を志望した理由
非行少年に携わる仕事をしたいがなにがあるのだろうと思っていた時に、大学の廊下に張られていたポスターで法務教官の仕事を知り公務員を目指しました。また、民間企業を併願することで勉強時間が減り、公務員試験対策が中途半端になることが嫌だったので民間企業は全く志望しませんでした。

クレアールを選んだ理由
担任制度が魅力的だったからです。また、公務員の対策コースがある予備校それぞれに電話でいくつかの質問をしたのですが、クレアールが最も親身に対応してくださったことも好感的でした。

クレアールの良かったところ
まず、担任制度が良かったです。メールでいろいろ質問でき、安心感に繋がっていました。さらに、メールのためいつでも気軽に連絡が出来たことが便利でした。また、映像講義がスマートフォンで見られるためどこでも視聴可能であり、手軽に勉強に取り組むことが出来ました。

学習するうえで苦労したこと
専門科目を勉強し始めたのが遅かったので、試験に間に合うように勉強することに苦労しました。自分の勉強ペースや過去問の点数を担任の先生に時折伝えることで、試験に間に合うペースで勉強を進められているのかを把握しつつ、隙間時間の活用や勉強時間のバランスの工夫をしていきました。ただ、面接対策を始めてからは勉強時間が減ってしまいましたが、面接対策は早めからしておいていたおうがいいと聞いていたので開き直っていました。

面接対策の工夫など
ハローワークや大学の就職支援室にて実践練習を繰り返していました。練習相手を固定せず、なるべく多くの人に相手していただくと、様々な視点からの質問やアドバイスをいただくことが出来るのでおすすめです。また、勉強のせいで人と話す機会が少なかったせいか、面接本番で上手く口が回らない事もあったので、面接前日には友人と電話したり、カラオケで歌ったりして口を回すようにしていました。それは、試験前日の緊張をほぐすことにも繋がっていました。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
勉強開始から内定が出るまでかなり期間があるので、自分のペースを保ちつつ気分転換を大切にして頑張っていただきたいと思います。

心理系・福祉系公務員試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

Return Top