Read Article

合格体験記2018速報版[行政職]D.Sさん(川崎市、特別区合格)

D.Sさん 最終合格先:川崎市(行政事務)、特別区Ⅰ類(事務)

■公務員を志望した理由
前職は銀行だったのですが、同期や上司が次々と全国転勤していく中で、将来の自分の生活に不安を抱き始めたことがきっかけです。また、休日も資格試験の勉強が多く自分の時間を確保することが難しかったため、ワークライフバランスを考えて公務員に挑戦してみようと思いました。

クレアールを選んだ理由
初めは色々な予備校の説明会に参加していましたが、クレアールの方が一番親身になって説明してくれたからです。また、費用面でも他の大手予備校よりもかなり安く、もし万が一今年失敗したとしても来年も受講できる「安心保証プラン」がオプションとして付けられるのも魅力に感じました。

クレアールのよかったところ
「映像講義」と「担任制」だと思います。映像講義は自宅、自習室を問わず自分のタイミングで勉強できるので助かりました。一度目は等速、二回目以降は倍速、わからない所は一旦止めて考えることができるなど、使い勝手が良かったです。また、クレアールの自習室にはパソコンがあります。自宅での勉強に集中出来ない人は、もし通学が可能でしたら利用するのも手だと思います。担任制に関しては、メールや面談で受験先や勉強の相談に乗ってくれるのは勿論のこと、面接練習を自分の納得いくまでさせていただいたので非常に助かりました。担当の島本講師には勉強に行き詰ったときに相談して、モチベーションアップに繋げていただくなど、たいへんお世話になりました。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
殆どの文系の方が直面する問題だと思いますが、数的処理の勉強方法です。私は高校以来数学に全く手を触れておらず、初めは数学の基礎のテキストから学習を始めました。また、数的処理は間を置くと直ぐに解けなくなってしまうため、毎日1時間程は映像講義、過去問、模試の何かしらに取り組むように心がけました。それでも大幅な得点源にすることは難しいと考えたため、得意な法律科目で得点を稼ぐようにし、数的処理は足を引っ張らない程度にすれば良いと思いながら勉強するようにしました。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
ネットやパンフレットを眺めていても情報には限界があるため、なるべく庁舎や観光スポットを訪問していました。私は特別区の面接対策のため、23区庁舎全て訪問しました。また、川崎市も区役所全てを訪問しました。ここまでやる必要は無いとは思いますが、実際に行ってみることによってわかったことも多く、各区の比較がし易かったです。志望動機も実際に自分が感じたうえでやりたいことを話すことができたため、自信を持って面接に臨むことができました。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
公務員試験は膨大な勉強量と時間を要するにもかかわらず、受かるかどうかわからない試験です。落ちたときのことを考えると精神的にも辛くなり、思うように勉強が捗らなくなったりもします。親にも心配をかけることだと思います。ですが勉強をやり続ける事と絶対に受かりたいと思う気持ちがあれば、何度かあるスランプも乗り越えて行けると思います。
私は途中で自分の勉強方法はこれでいいのかと思い、他の予備校のテキストや過去問に手を出したことがありました。それもアリだと思っています。ですが結局はクレアールのテキスト、過去問が一番わかりやすく、それを使って合格することができました。
勉強期間中はご飯を食べることくらいしか楽しみが無いと思います。美味しいものを食べて、体調を壊さないようにして頑張って下さい。

>>行政系公務員試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

Return Top