Read Article

合格体験記2018速報版[心理職] H.Mさん(家裁調査官補、法務教官合格)

H.Mさん 最終合格先:裁判所総合職(家裁調査官補)、法務省専門職(法務教官B)

クレアールを選んだ理由
第一に、心理職に特化したカリキュラムが用意されていたためです。私は心理系の大学に通っているわけではないので、心理学や他の人間科学系の科目を一から勉強しなければならないことに最初は不安がありました。周囲に心理職に就いた先輩や心理職を目指す仲間もほとんどいなかったので、独学ではさすがに厳しいと思い、心理学の講座や心理職の面接対策が充実しているクレアールに決めました。
また、通信であるため費用が抑えられることもポイントの一つでした。クレアールはさらにメール特待生制度などやる気のある人をサポートする制度があり、経済面でとても助かりました。通信講座は人によっては不安要素かもしれませんが、私は自分のペースで勉強するほうが好きだったのでむしろ合っていたように思います。

クレアールのよかったところ
なんといっても担任の先生のサポートが充実していたところです。通信ですが担任の先生にはいつでもメール相談や面談をお願いすることができ、心強かったです。自分から行動しなければならないので少し勇気がいりますが、もやもやはそのままにしないほうがいいと思い、勉強の仕方や併願先の相談、面接カードの添削など困ったらすぐに聞くようにしていました。何度か模擬面接をしていただいたり、過去の受験生からの情報などなかなか一人では得られないような情報を得られたりしたことが自信につながり、結果として、本番の面接でも納得のいく受け答えができたのではないかと思っています。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
一番苦労したのは、やはり専門科目の心理学でした。専攻ではなかったので、聞きなれない言葉が多く、講義の内容を理解するのにも一苦労でした。ちょうど一年前の今頃は終わりが見えなくて、本当に大丈夫かな…と少し焦っていた頃だと思います。そのため、講義音声を移動や食事の際に何度も何度も繰り返し聞いたり、概念同士を結んだ図をノートに書いたりして、頭の中でバラバラになっていた単語同士を結び付けることを意識して勉強していました。また、一次の論述はとにかく過去問の演習をひたすらやりました。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
面接対策の中で心がけたのは、とにかく求められている人物像を常にイメージしながら回答することです。心理職と一言で言っても、職務の違いから必要とされる人材は同じではありません。説明会でもらったパンフレットやホームページ、本や小説、過去の先輩の体験談など、ありとあらゆる情報を集め、どんな人が必要とされているのか、自分のどんなところがそうだと言えるのか、どんなエピソードでそれを証明できるのか、など、自分がどこをアピールしたいかではなく、相手がどんな人を求めているかを常に想像し、試験ごとにそれに合わせる工夫をしていました。また、担任の先生や大学の生活課の方など、人に聞いてもらう機会をなるべく作るようにしました。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
どんなに一生懸命頑張っている人でも、ふと不安になったり心が折れそうになったりすることがあると思います。もっと頑張らなきゃいけないのに今日も寝てしまった…など自分が情けなくなったり、自分を責めてしまったりすることもあると思います。そんな試験勉強の毎日の中で大切なことはたくさんあります。しっかり計画を立てること、コツコツ勉強すること、よく寝てよく食べること、最後まで絶対にあきらめないこと。しかし、私が今回公務員試験を経験して意外と難しく、でも一番大切だと感じたのは、「人に頼る」ことです。試験勉強は一人でやるものじゃないの?と言う人もいると思いますし、実際誰かと話している時間の何倍も、不安や焦りと闘いながら一人で勉強した時間があったと思います。それでも最後まであきらめずに努力できたのは、疲れたなと思うときに話を聞いてくれる友達がいて、本命の前に受けた試験の結果が散々で、心が折れそうになったときに励ましてくれた先生がいたからでした。クレアールの担任の先生にもとてもお世話になりました。私はもともと人に頼るのが苦手で、全部自分でなんとかしなきゃ!と思ってしまうことが多かったのですが、今回は勇気を出していろんな人に助けてもらったのがよかったのだと思います。目標を口に出していれば自然とみんなが力を貸してくれます。しんどいときは遠慮せずに周りの人に甘えて、笑顔を忘れず毎日を過ごしてください。応援しています!

>>心理系公務員合格を目指す方におすすめの講座はこちら

Return Top