Read Article

合格体験記2018速報版[行政職] T.Yさん(特別区Ⅰ類合格)

T.Yさん 最終合格先:特別区Ⅰ類

公務員を志望した理由
社会人として働く中で、今後の自分のキャリアを考えたときにある特定の分野に限られた狭い業務の範囲で仕事を続けることより幅広い業務と携わりながら、視野を広げていくことのできる公務員という働き方に魅力を感じました。また、学生時代にも公務員を目指したことがあり、もう一度チャレンジしようと考え受験を決意しました。

■クレアールを選んだ理由
仕事をやめて勉強に専念するという選択肢はなかったので、働きながら空き時間や自分の好きな時間に学習のできる通信に特化した予備校を探しました。いくつかの予備校から話を聞く中で、迷った部分もあったのですが、費用が一番安かったことと、1年で合格する自信がなかったので、安心保証という制度があったクレアールに決めました。また、話を聞いてくれたアドバイザーさん(谷岡さん)が非常に親切に対応してくださったのも大きな理由でした。

クレアールのよかったところ
何より、空き時間や終業後の余暇の時間を有効に勉強できる様々なツールが整っていたことだと思います。
クレアールの教材は、机に向かえない時も効率的に学習できるように考えられており、私は講義の音声ファイルとテキスト・過去問フォーカスのPDFファイルをタブレットに入れることでどこでも講義が受けられ、過去問演習ができるようにしていました。そのため、机に向かって講義を視聴したのは数的処理と経済学だけだったかと思います。
平日は特にまとまった時間の取れない社会人でもスキマ時間を利用して効率的に勉強が進められたのは
クレアールの学習システムのお陰だと感じます。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
上述したとおり、社会人は他の受験生に比べて勉強に使える時間が少ないため、時間管理には一番苦労しました。私は捨て科目を早めに決め、必要最小限の科目だけ勉強することにし、第一志望の特別区の試験日までどれだけ時間が使えて、どの教科にどれだけ時間を使えるかExcelにまとめて管理していました。また、机に向かえる時間とそれ以外と分け、机に向かえる時間は計算などが必要な数的や経済学、それ以外は暗記系の科目を学習するようにして、なるべく効率よく学習できるように心がけました。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
就職活動の面接はかなり久々だったので1次突破後はただただ不安でした。
担当の島本先生には複数回模擬面接をやって頂き、面接の雰囲気を感じ対策を練りました。
島本先生の模擬面接はかなりスパルタだったので、実際の特別区の面接はかなり優しく感じました(笑)。
模擬面接時にも、当日のアドバイス頂いたりや不安なことを相談できるので、非常に良かったです。

また作成した志望動機に対して、想定され得る質問をより多く考えておくとよいと思います。
私は、友人や家族、多くの人に面接カードを見てもらいました。

■最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
公務員試験は確かに大変ですが、合格後の達成感は何事にも代えがたいものがあります。
社会人で働きながら試験を受けたいが、自信がない人がほとんどだと思いますし、実際、私もそうでした。
公務員転職への確固たる意思を持ち、クレアールの教材を活用すれば、働きながらでも合格できると思います。
この体験記が多くの社会人受験生の参考になることを祈っています。

>>行政系公務員試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

Return Top