Read Article

合格体験記2018速報版[行政職] S.Iさん(昭島市合格)

S.Iさん 最終合格先:昭島市(事務区分)

■公務員を志望した理由
私は人の人生に関われるような仕事をしたいと学生のころから考えていたので、求人広告の会社に新卒で入社し
営業として働いていました。やりがいこそとてもありましたが、仕事はかなりの激務。
毎週締め切りに追われ毎日遅くまで仕事をしていました。そんな日々の中で、自社商品に自信を持てない自分がいました。自分がいいと思えないものを売り続けることはできないと思い、退社を決意しました。
そして、地方公務員として働いている友人から公務員としての働き方などを詳しく聞き、私に合っていると思い本格的に目指すことにしました。

■クレアールを選んだ理由
社会人だったので情報が少なく、ネットで調べていました。そこでいくつかの予備校や通信教育のパンフレットを取り寄せて吟味しました。私はマイペースに勉強をしたいタイプなので予備校よりも通信があっていると考え、かつテキストだけでなく映像で学べることが理想だったため、クレアールを選びました。

クレアールのよかったところ
自分のペースで勉強を進められるところです。また、倍速で映像を観ることができるため効率的に進めることができました。過去問フォーカスは、問題数こそ多くないもののある程度網羅されているのであまり時間を裂けない科目にも使いやすいと感じました。自分に合った学習方法で使いこなしていけるのがよいところだと思います。

■学習するうえで苦労したことと、その克服法
基本的にずっと一人で勉強していたので、かなり不安でした。笑
公務員試験は科目数がとても多いため、何から手を付けよう…と真っ白になることもありました。
そのため、初めは自宅で映像を観ながら学習を進めていましたが年明けごろからは映像を観る時間を減らし、公民館の学習室や母校の大学の図書館などでなどで過去問をメインに学習していました。
周りに人がいると気が引き締まるうえお金もかからないのでたくさん活用しました。

■面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
公務員試験の面接では面接カードに沿った質問や、そうでなくても比較的スタンダードな質問が多いので
事前に想定される質問を回答をある程度準備して臨みました。また、クレアールで模擬面接をしてもらうことで話すことに慣れることができたうえアドバイスをもらえたので、本番ではあまり緊張せずスムーズに話ができました。面接対策は一人で考えるのには限界があるので模擬面接をすることをお勧めします。

■最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
公務員試験は長い道のりです。科目数も多いのでかなりの勉強時間を要すると思います。
そのなかで、ずっと集中し続けることは難しいと思うのでメリハリをつけて学習を進めていくといいと思います。
私の場合は、毎週土曜日は丸一日勉強せずに遊んでいました。また、朝早起きして勉強をし、夜はテレビを見たりゲームをしたりしてリラックスする時間にあてていました。
私は前職を辞めて公務員を目指して勉強していたのでお金もなく、本当に背水の陣で不安のあまり夜眠れないこともありました。
ですが、詰め込みすぎず、あくまで自分に合ったリズムを作るようにしました。
あせらず自分を信じて頑張ってください。

>>行政系公務員試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

 

Return Top