Read Article

合格体験記2018速報版[福祉職]S.Tさん(さいたま市福祉職合格)

S.Tさん 最終合格先:さいたま市(福祉区分)

公務員を志望した理由
最大の理由は、大学において児童養護施設で実習を経験し、困難を抱える方々に寄り添った支援をしたいと思ったからです。また、幅広く社会福祉を学び、専門性を活かせる職場であることも志望した理由の1つです。公務員は多くの方の人生の一部に関わることでき、地域に貢献したいと考えたからです。

クレアールを選んだ理由
理由は2点あります。1点目は、担任制であることです。担任の先生に不安なことを相談できるのは、精神面で支えになりました。2点目は、手軽に講義映像を視聴できることです。スマートフォンなどの端末で視聴できる環境は、自分のやる気次第でいつでも学習することが可能です。これらの理由から、私自身が公務員を目指すモチベーションを保てると思い、クレアールを選びました。

クレアールのよかったところ
担任制が良かったと感じました。面接カードの添削をしていただき、修正をし、受験する自治体に提出できたことは面接の自信にもつながりました。受験するにあたって不安な点を払拭することができたのも良かったと思います。また、筆記試験合格後、集団討論の練習機会を設けてくださり、先生が指導して下さり、本番では緊張しすぎず、挑むことができました。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
面接対策です。私は、面接官の質問への返答の遅さが課題であると分析していました。その点を、担任の先生に相談したところ、間を空けずに返答すると印象がよくなるとアドバイスをいただき、面接本番での意識の変化につながりました。その結果、面接本番に面接官に好印象を与えることができ、合格につながりました。自信を持って面接に臨める準備を整えることが克服できた要因の一つです。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
面接カードを簡潔にまとめることです。カードに記入できる枠は限られているので、面接官が読みやすく人物像が見えやすいように心がけ、作成しました。本番の面接では、面接官の質問に対し、短い返答でわかりやすく簡潔に伝えることを意識しました。面接官の質問の意図を即座にくみ取り、ポイントを押さえた回答が求められると思い、その点を特に意識しました。私は本番の面接の雰囲気に慣れていた方でしたので、話す内容や話すテンポ、間髪入れずに返答することなどを工夫しました。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
私は、公務員になりたいと思い始めて3年も経過してしまいました。途中諦めてしまおうかと何度も考えましたが、合格する最後まで継続して努力を積み重ねました。苦労に苦労を重ねた結果、努力が実り、諦めない気持ちはとても大切だと感じました。これから目指す方は、諦めない心を持ち、挑戦してほしいと思います。また、息抜きも大切です。公務員試験は長丁場の闘いですから、焦らず少しずつの積み重ねが大切だと思いました。

>>福祉系公務員試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

Return Top