Read Article

合格体験記2018速報版[行政職] K.Nさん(東京都Ⅰ類B 行政一般方式合格)

K.Nさん 最終合格先:東京都Ⅰ類B(行政・一般方式)

■公務員を志望した理由
公務員になることで、社会インフラを支えるにあたって、市民や議会との調整に携わることができると思ったからです。そう感じるきっかけは、電機メーカーでの就労経験にありました。社会インフラとなる商品やサービスを提供する立場にあったのですが、働いていくうちに商品の納品やメンテナンスよりも、社会インフラを享受する市民との調整をすることの方が魅力的に感じるようになりました。

クレアールを選んだ理由
公務員試験業界において、映像講義の老舗だったためです。前述の通り、私は民間企業で働いていたため試験勉強時間の確保が大きな課題でした。そのため、空き時間を使って勉強ができる映像講義で勉強することにしました。数ある予備校の中でもクレアールには歴史があり、ノウハウが蓄積していると思い、入校を決めました。

クレアールのよかったところ
2つありますが、第一に、映像講義の環境が整っていることです。スマホとWi-Fiがあれば講義を受けることができるのは、まとまった時間のとりづらい立場にとってとてもありがたかったです。通勤時間には、webテストを通して復習することで時間を有効活用することができました。第二に、学習範囲に無駄がないところです。教科書の内容を一通り抑えれば試験に十分対応可能だったため、余計な勉強をせずに済み、時間を有効活用することができました。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
仕事と学習を両立することが何よりも大変でした。特に、直前期では演習を重ねなければならない一方で、仕事も忙しくなり、帰宅後の夜の時間帯では仕事の疲れからなかなか学習に集中することができませんでした。そこで、早寝早起きを心がけ、出勤前の朝の時間帯に重点を置くことで、メリハリをつけて学習することができました。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
まず、肩の力を抜いて普通の会話を楽しむことを心がけました。自分を必要以上に大きく見せる必要はないと思います。むしろ、その方が面接官の方に不自然に感じられ、不合格になるものではないでしょうか。そのため、笑顔で話し、ありのままの自分を知ってもらうことを最も重視しました。大変だったのは、面接官の方も人それぞれなため、調子を合わせることでした。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
今思えば、公務員試験の勉強は大変でした。日常生活のうち、多くの時間を拘束されます。その時間を他のことに使うこともできたでしょう。しかし、合格して公務員になることができれば、公務員にしかできない仕事をすることができます。そのためなら、今の時間を多少犠牲にしても損にはならないはずです。興味があるなら、挑戦してみることをお勧めします。

>>行政系公務員試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

Return Top