Read Article

合格体験記2018速報版[行政職]東京都民の受験生さん(東京都Ⅰ類B 行政新方式合格)

東京都民の受験生さん 最終合格先:東京都Ⅰ類B(行政・新方式)

■公務員を志望した理由
限られた商品やサービスだけではなく、ソフト面とハード面の両面から都市をつくり上げていく規模の大きい仕事がしたいと思ったのがきっかけです。また現職は全国転勤ですので、公務員は比較的勤務地も制約されており、今後の人生のプランも立てやすいことも魅力的でした。

クレアールを選んだ理由
なんといっても受講料が良心的な価格設定だったことです。大手予備校だと2倍近くすることもありました。安いところは「安かろう悪かろう」なのかなと思っていたのですが、サンプル動画をみられたことで安心できました。またメールにて現状の悩みを相談したところ、まだ申し込みをする前だったのにも関わらず、非常に丁寧なメールを返信してくださったことが好印象でクレアールを選びました。

■クレアールのよかったところ
仕事をしながらの勉強でしたので、映像講義でどこでも受講できるところがよかったです。毎日仕事が終わるのが遅く、勉強のできる時間が朝の1時間と昼の1時間くらいでしたので、ファミレスでもカフェでも家でも場所に制限されることなく勉強できたことが本当に助かりました。あとは個人的に、数的処理がとても苦手だったのですが、林講師のクスッと笑ってしまうような講義で飽きることなく継続できたことがよかったです。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
一番苦労したことはまとまった学習の時間が取れなったことです。これは社会人受験生の共通の悩みだと思いますが、本当に苦労しました。仕事柄、急きょ飲み会が入ってしまったり、疲れて寝てしまったりしたこともたくさんありましたが、1回映像で講義を受けた後は、講義の音声だけをダウンロードできたので、ボイスレコーダーにダウンロードして通勤中に想起しながら、細切れ時間を利用して何回も繰り返しました。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
教養試験で手一杯だったので面接対策ができたのは直前になってからでした。なにも準備できていない段階で駆け込み寺のようにクレアールの面接準備にいったのですが、マンツーマンで1から指導してくださり、面接対策の方針が決まりました。担当の島本講師も意識してくださっていたのだと思いますが、作り上げた言葉ではなく、会話の延長線上のような形で面接対策を進めてくださったので、本番でも緊張することなくできました。結果、比較的上位で合格出来たのもこのような面接対策のおかげだと思っています。社会人は意識せずとも毎日様々な人と関わって仕事を進めていると思います。小さな成果であれ、大きな成果であれ「こんな事を考えて行動している」といったことを言えるのはアピールポイントだと思いますので、自分の強みと合わせて整理しておくといいかと思います。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします
特に社会人の方は、いかに勉強時間を確保するかの勝負だと思います。そういった意味では場所を選ばず質の高い講義を受けられ、親身に相談に乗ってくれるクレアールはベストな選択だったと思います。最後は自分が必死にやるかやらないかです。大手予備校であってもやらなければ落ちますし、独学でもやれば合格します。クレアールの講師の方に相談し、いち早く方針を決め徹底すれば半年でも合格可能です。頑張ってください。

>>行政系公務員試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

Return Top