Read Article

合格体験記2017速報版 【社会人経験者】齋藤さん(特別区2級職合格)

齋藤さん 最終合格先:特別区(経験者2級職:事務区分)

公務員を志望した理由
現職が激務なうえ薄給で昇進もなく、転職を考えていたところに妊娠が発覚した。
それをきっかけにより転職について考えるようになり、女性が長く、やりがいを持って働ける職場はないかと考え公務員を選んだ。

クレアールを選んだ理由
家でも学習を続けられるところ、また、小論文、面接対策がしっかりしていて担任制をとっているところに引かれた。
最後の決め手は無料相談会に行った際、担当の方が本当に丁寧に説明してくださり、この予備校であれば安心できると思ったから。

■クレアールのよかったところ
授業も分かりやすくまとまっていた。面接対策も回数無制限で実施してくれた。
最もよかったのは担任制で、一番最初に提出するエントリーシートの添削から勉強方法の相談まで、悩みを常に解消してもらえたのがよかった。途中、勉強にかける時間がなかなか取れず受験を諦めようと考えましたが担任の先生に相談し、自身の得意科目と苦手科目を考慮した勉強スケジュールを立てられたことが合格に繋がりました。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
小さな子供がいたので本当に勉強時間がとれませんでした。試験科目も多く、全部を網羅することは難しいかったため、
配点が高いもの(文章理解、数的処理、論文対策)を中心に勉強することにしました。特に数的処理についてはどんなに時間がなくても1日に1回は問題を解くようにしました。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
今までも仕事で身に付けた力を棚卸し、公務員として働くにあたってその力をどのように役立てることができるかまで答えられるようにしました。また、現職含めて2社経験しているのですが、それぞれぜんぜん違う業界及び職種であったので、なぜ転職したか、ということをきちんと説明できるようにしました。
面接になれておらず、かなり緊張しましたが、事前に模擬面接を何度か実施したことで緊張しながらも自信を持って臨むことができました。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
公務員試験は民間企業への転職と異なり勉強も必要ですし、選考期間も長く、途中挫けそうになることも多いかと思います。わたしも何度も挫けそうになりましたが、クレアールの先生に相談し、アドバイスいただきながら乗り越えることができました。経験者採用試験は科目数も少し少なく、一般職採用試験に比べると勉強はしやすいかと思います。あとは、今まで自分が経験したことを思い出し、どういったことが生かせるか考えてみてください。無駄だった仕事は何一つないと思います。諦めず、自分の力を信じて頑張ってください。

>>社会人経験者採用試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

 2018年1月31日
Return Top