Read Article

合格体験記2017速報版 【事務職】K.Sさん(千葉県中級警察事務職合格)

K.Sさん 最終合格先:千葉県中級(警察事務)

公務員を志望した理由
大学を卒業後に正社員として3年程事務の仕事をしていました。勤務先の体質や風土、人間関係といった環境があまり良くなかったことや、財政状況が厳しく、将来倒産の可能性があったため、長く安定した職場で働きたいと思い公務員試験を受けようと思いました。

■クレアールを選んだ理由
他の予備校に見学に行った際、働きながら短期間で合格は難しいと言われ来年度の受験を勧められました。しかしクレアールでは、「働きながらでも効率よく学習すれば受かる可能性もありますよ」と言っていただき、親身になって相談に乗って下さいました。ここならきっと社会人の自分でも頑張れそうだと思いクレアールを選びました。

クレアールのよかったところ
一つは、時間がない中で効率よく勉強できるところです。映像講義が倍速で見られたため、得意な科目は倍速で、苦手科目はじっくりと視聴することができ時間を上手く活用することができました。また担任の先生と相談し、必要最低限の科目や単元を絞って学習しました。全ての科目を勉強した訳ではありませんでしたが、必要最低限の学習でも合格することができました。
二つ目は担任の先生がついて下さるところです。必要最低限の学習で受かるか不安な時は、励ましの言葉をかけていただいたことで頑張ることができました。また面接の前日まで練習をしていただけて本当に助かりました。面接の中で先生と話しながら自己分析を深めることもできました。もっと早く先生とコンタクトをとって頼っても良かったかなと思います。

学習するうえで苦労したこと、その克服法
日中は仕事をしているので、勉強時間の確保に苦労しました。机上の勉強にこだわらず、少しの隙間時間も活用するようにしました。通勤の電車の中で暗記をしたり、出勤前や昼休みの休憩時間にカフェで過去問フォーカスを解いたりしていました。
働きながらの勉強は思いの外しんどかったので、そのしんどさをバネに「絶対に1回で受かろう」という気持ちを持って勉強していました。

■面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
1次試験には落ちたと思っていたので、合格発表まで何も面接の準備をしていませんでした。そのため面接の準備を行うこととなり苦労しました。時間に余裕のある方は志望動機や自己分析はしておくといいと思います。
まずは自分で面接カードを記入し、家族や担任の先生にみてもらいました。人と話しながら自己分析をすると自分では気づかなかったこと、新たな発見があり自分に対しての理解が深まりました。
面接準備としては聞かれそうなことをノートにまとめて暗記しました。担任の先生と面接の練習も行いました。私は面接に苦手意識がありましたが、先生と練習したことで本番では落ち着いて臨むことができました。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージ
私は勉強を始めたのが遅く、仕事の疲れから思うように勉強が進まない日もありました。筆記試験も自信がなく、「これは落ちたな」と思いましたが最終的に合格することができました。時間がなくても自信がなくても、最後まで諦めずに頑張ってください。
また私が合格できたのは家族のサポートと担任の先生の支えがあったからだと思います。上手くいかない時やしんどい時、不安になった時は周りの人を頼ってもいいと思います。受験生活は長く孤独です。一人で抱え込みすぎずに頑張って下さい。

 

 2018年1月11日
Return Top