Read Article

合格体験記2017速報版 【事務職】社会人4年目からの転職者さん(水戸市役所合格)

社会人4年目からの転職者さん 最終合格先:水戸市役所(事務)

■公務員を志望した理由
もともと転勤のある仕事に就職しており、結婚を機に転勤のある仕事を辞めて、相手の地元近辺で働こうと思ったときに、市役所の公務員が転勤もなく安定して働けるので志望しました。
また、受けた地域は前の仕事で何度も通ったことのある地域で、まちの雰囲気も気に入っており、このまちを良くするためならば働いてみたいとも思っていたのも大きな理由です。

■クレアールを選んだ理由
同業他社の公務員講座と比べて費用が安いのが1番の理由です。公務員になろうと思ったとき、一回で受かるために仕事を辞めて勉強をちゃんとしようと決めたため、収入が無くなるなかなるべく出費を抑えるためには講座の費用が安いことは重要なポイントでした。
また、他社を含めて資料を請求したとき、資料の内容が1番わかりやすかったのも決め手の1つです。

■クレアールのよかったところ
講座の動画、音声が倍速再生でき、さらに繰り返し視聴できるところです。これのおかげで短時間で全範囲をカバーでき、さらにわかりにくかったところ、振り返りたいところをいつでも復習できたのは大きなメリットでした。また、テキストが講義用と問題集に分かれていたのも良かったです。講義で習ったことを問題集で実践して知識を習得していることを実感でき、また、問題集の範囲が広いのでほとんどの問題パターンをカバーでき、実際の試験で初見の問題はほとんどなかったのも受かったポイントだと思います。

学習するうえで苦労したことと、その克服法
私は理系の大学出身だったので、数的処理、自然科学が得意な分、人文科学、社会科学は高校以来であり、習っていない分野もあったので最初は内容を理解するのに苦労しました。内容を理解するために、テキストをコピーして持ち歩き、スキマ時間がある度に取り出して繰り返し読むことでだんだんと内容がわかってきて覚えられるようになりました。また、論文はできているか自己評価することが難しかったのですが、クレアールは客観的に評価をしてくれて、添削もしてくれるので助かりました。

面接対策で心がけたことや工夫したこと、大変だったこと
面接では、予め聞かれそうな内容をピックアップしてそれに対する回答を書き出して用意し、他者に見てもらい添削してもらったうえで、他者を面接官に見立て模擬面接させてもらい、つっかえることなく自信をもって自分の言葉で回答できるようになるまで練習しました。面接だと、回答は頭では覚えていても実際に言葉に出すと上手く話せなかったり、他者の前では緊張して言葉が出てこなかったりするので、実際に言葉に出して、言いにくい部分を繰り返し唱えて定着させたり、自分の言葉に変換する作業や他者の前でも落ち着いて話せるように練習したことが功を奏したと思います。

最後に、これから公務員を目指す方にメッセージをお願いいたします。
私は仕事を辞めて公務員試験に専念したものの本当に受かるのか毎日不安でした。それでも受かったのは、合格するには何をしなければならないのかを明確にし、少しずつでも日々継続して勉強したことが結果として実を結んだのだと思います。諦めずやり続ければきっと夢は叶います。最後まで自分を信じて勉強を頑張ってください。

>>市役所(教養のみタイプ)試験合格を目指す方におすすめの講座はこちら

 2018年1月11日
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top